このページの本文へ移動
東京消防庁品川消防署インフォメーション実践的自衛消防訓練を実施!!

実践的自衛消防訓練を実施!!

 4月14日(木)、管内の解体予定建物において、消火器の実放射、屋内消火栓設備を使った放水、煙が充満した室内からの避難など、実践的な自衛消防訓練を実施しました。この訓練には、建物の不動産会社が管理する複数のビルに入居するテナント勤務者だけでなく、近隣町会からも多数の人が参加し、総勢約100名が訓練を行いました。
 参加者からは、消火器から消火薬剤が放出されると、あっという間に視界が遮られる事で、「避難口を確保する重要性が良く理解できました。」そして、かなり暗い室内からの避難訓練では、姿勢を低くし、壁伝いに避難する大切さを身をもって知り、「非常に有意義な訓練だった。自分たちのビルの訓練にも経験を活かしたい。」との声が聞かれました。

消火器を実放射 姿勢を低くして煙の中を避難中!
消火器を実放射! 姿勢を低くして煙の中を避難中!

↑このページのトップへ戻る