このページの本文へ移動
東京消防庁品川消防署インフォメーション熱中症を防ごう

熱中症を防ごう!

 本格的な暑さの到来により、熱中症の危険が増す時季です。例年7月と8月は熱中症による救急搬送が多くなります。
 昨年、東京消防庁管内(稲城市、島しょ地域を除く)で、6月から9月までの4か月間に熱中症で救急搬送された方のうち、高齢者(65歳以上)の割合が46.6%を占めています。

 熱中症は屋外だけでなく室内でも発生しているため、適切にエアコンを使用するなど熱中症にならないような注意が必要です。

 熱中症の予防と対策など詳しいことはこちらをクリックしてください。


↑このページのトップへ戻る