このページの本文へ移動
東京消防庁品川消防署インフォメーション「東京2020」に向けて訓練成果を披露!

「東京2020」に向けて訓練成果を披露!

 品川消防署では、6月4日(火)、品川消防署防災教室において「令和元年度救急訓練効果確認」を実施しました。
 当日は、医療関係者の方々をお招きし、「多数の怪我人が発生した時の対応要領」を訓練の目的として、品川本署・大崎出張所・五反田出張所の各ポンプ隊と救急隊が連携し、訓練の成果を遺憾なく発揮しました。
 「ラグビーW杯」や「東京オリンピック・パラリンピック大会」など、多くの観衆が集まるイベントが今後予定されています。テロによる人的災害や自然災害発生時への対応能力向上が求められている中で、隊員達は、救急活動能力の更なる向上を図ろうと決意を新たにしました。



↑このページのトップへ戻る