このページの本文へ移動
東京消防庁品川消防署インフォメーションお風呂内での事故が多発しています!

お風呂内での事故が多発しています!

平成27年に入り、入浴中の事故が一週間中に5件も発生しました!うち、2名の方が亡くなっています。(品川消防署救急隊扱い)寒い季節は、このような事故が特に多く発生しています。

お風呂の事故を防ぐために
  • 湯温は、39〜41度くらいで長湯をしない。
  • 脱衣場や浴室の室温が低くならないように工夫する。
  • 食事直後や深夜に入浴しない。
  • 気温の低い日は夜早めに入浴する。
  • 心肺の慢性疾患や高血圧症をもつ人では半身浴が望ましい。
    【出典:東京都健康長寿医療センター研究所HP〜高齢者の入浴事故はどうして起こるのか?〜ー特徴と対策ー】
ご家族の皆さまへ
ご高齢のご家族が入浴する際は、こまめに声をかけるようにしましょう。
高齢者が入浴するイラスト家族のイラスト

↑このページのトップへ戻る