このページの本文へ移動

背景色

背景色を白に変更背景色を黒に変更背景色を通常に戻す

文字サイズ

文字サイズを縮小文字サイズを標準に戻す文字サイズを拡大

東京都世田谷区三軒茶屋2丁目33番21号

電話番号

03-3412-0119

FAX番号

03-3418-7570

TOP > インフォメーション(世田谷アルバム) >文化財防火デーに伴う消防演習を実施しました

文化財防火デーに伴う消防演習を実施しました

 昭和24年1月26日早朝、奈良県の法隆寺で火災が発生し、貴重な文化財が燃えつくされてしまいまし
た。その後も、文化財の火災が多発したため、「先人たちが残した文化財を火災から守ろう」という世
論が高まり、昭和30年から、毎年1月26日は文化財防火デーとして定められました。この日は、文化財
の防火設備の点検や整備、消防演習などを実施して文化財を火災から守る運動が行われます。
 世田谷消防署でも、この文化財防火デー当日の平成29年1月26日(木)、国指定重要文化財である世田
谷代官屋敷で消防演習を実施しました。
 消防演習が始まる前に、地元の桜小学校の皆さんに対し、防災講話を行いました。その後、火災の発
生した世田谷信用金庫の屋上に逃げ遅れた人がいるとの想定で、世田谷特別救助隊による救出方法を披
露させていただきました。見学に訪れていた地元の桜小学校3年生の皆さんからは、救助隊員の素早い
動きに歓声や「消防隊って命がけの仕事をしているんだ」といった声が聞こえてきました。
 この日の消防演習は、世田谷代官屋敷主屋から出火した想定で郷土資料館と世田谷信用金庫の自衛消防
隊による、在館者の避難誘導や初期消火が行われた後、次々と到着した世田谷消防団員と消防隊が連携
を図って、逃げ遅れた人の救助活動や消火活動が行われました。「一斉放水はじめ」の号令で、かやぶ
き屋根めがけて大きく弧を描いた放水が冬の青空に映えていました。今回の演習をきっかけに、見てい
た方々に文化財を守る大切さが伝わってほしいと思います。                         

集合写真  煙体験 
桜小学校の皆さんに防災講話をしました 世田谷特別救助隊がこれから救出に向かいます
集合写真   煙体験
座席懸垂(※1)という方法で屋上から降りてきます 救助隊員が「文化財を火災から守ろう」という
懸垂幕を降ろしました
集合写真   煙体験
世田谷代官屋敷の警備員さんが初期消火を行っています 世田谷信用金庫自衛消防隊による放水準備
集合写真   煙体験
現場指揮本部が設置され、各隊の
情報収集・伝達を行っています
逃げ遅れた人が世田谷消防団
第4分団の方により、救出されました
集合写真   煙体験
自衛消防隊と代官屋敷の警備員さんが大隊長に
火災や避難状況の報告をしています
大隊長による「放水はじめ」の合図
集合写真   煙体験
参加全隊による一斉放水 世田谷消防署長による講評

(※1)「座席懸垂」…建物の壁に沿って垂らされたロープを使い、椅子に座っているような格好で、上体と足が直角になるような姿勢を保ちながら、足で壁面を蹴り、降りてくる方法です。

→バックナンバーはこちらから

▲ページトップへ戻る