このページの本文へ移動

背景色

背景色を白に変更背景色を黒に変更背景色を通常に戻す

文字サイズ

文字サイズを縮小文字サイズを標準に戻す文字サイズを拡大

東京都世田谷区三軒茶屋2丁目33番21号

電話番号

03-3412-0119

FAX番号

03-3418-7570

TOP > インフォメーション(世田谷アルバム) >寒冷で雨の降りしきる中の救命処置

消防総監感謝状の贈呈

寒冷で雨の降りしきる中の救命処置

 平成27年4月16日(木)、世田谷消防署において、管内で発生した救急事象に対し救護活動を行った横山浩司さんと横山多寿子さんに対して消防総監感謝状を贈呈しました。
 4月8日(水)9時3分頃、横山浩司さん(会社員)と横山多寿子さん(看護師)は子供の大学の入学式に出席するため会場に向かっている途中、誰かが「人が倒れている」と警備員に話していることを聞き、人だかりがしている方を見ると、男性が倒れているのを発見しました。
 衆人環視の中、横山多寿子さんはただちに傷病者の容態の観察を開始し、救急隊からの電話の情報聴取に対し的確に情報提供するとともに、傷病者が心肺停止状態に陥った後は、すぐに胸骨圧迫心マッサージを実施しました。また、横山浩司さんは妻の横山多寿子さんから胸骨圧迫心マッサージを引き継ぎ、救急隊の到着まで継続して実施しました。
 生命の危機に瀕した傷病者に対し、寒冷で雨の降りしきる衆人環視の中、路上に膝をつき胸骨圧迫心マッサージを実施した結果、傷病者は救急隊到着時、心肺停止状態でしたが、献身的かつ迅速適切な救急処置により、救急隊が観察してから4分後に呼吸及び脈拍が回復したものです。
 世田谷消防署では、傷病者が発生したとき、放置することなく、誰かがすぐに応急手当てを行うような社会にするために、応急手当の正しい知識と技術を覚えて実行してもらえるよう各署所でイベントを行うなど、普及啓発に努めています。


佐藤美柚さん
写真前列左から世田谷消防署長、横山浩司さん、横山多寿子さん、世田谷消防署副署長
後列左から地域防災担当課長、予防課長、警防課長


→バックナンバーはこちらから

▲ページトップへ戻る