注意点
このページの本文へ移動
東京消防庁世田谷消防署インフォメーション(安全対策情報)急性アルコール中毒にならないための注意点

安全対策情報

お花見や、新入社員や学生を迎え入れるこの時期は、お酒を楽しむ機会も増えると思います。
以下の内容に注意して、楽しいお酒の場になるようにしましょう!

急性アルコール中毒にならないための注意点



過度の飲酒による事故を予防することが第一ですが、もし身近で事故が起こってしまった場合には・・・



1.生命に直接関係するような救命手当が優先です。心肺蘇生を覚えておきましょう。
            →倒れている人を見たら…(東京消防庁ホームページへ)

2.十分な呼吸をしているにもかかわらず意識がない場合は、仰向けの状態のままでいると、舌根沈下(あごや舌の筋肉がゆるみ、舌の付け根がのどに落ち込むこと)による気道閉塞(空気の通り道を塞ぐこと)を起こすことがあります。
また、意識がない状態で嘔吐が起こると、吐物が喉につまって窒息する危険性があります。その危険を回避するため、回復体位(※)をとりましょう。

3.嘔吐が起きた時は、口の中から吐物をかき出して喉に吐物を詰まらせないようにしましょう。

4.酔いがさめるまで付き添うなど、目を離さないようにしましょう。


※回復体位

回復体位


                                           (東京消防庁ホームページからの引用)