このページの本文へ移動
東京消防庁世田谷消防署インフォメーション(安全対策情報)エアゾール缶等による火災・事故をなくそう!!

安全対策情報

エアゾール缶等による火災・事故をなくそう!!

〜エアゾール缶等に関わる火災及び事故の発生状況〜

 エアゾール缶等の噴射剤である可燃性ガスが何らかの発火源により、引火する火災・事故が増えています。ガスは目に見えず、また、思わぬところに滞留しているため、その存在に気付かずに火気を使用して火災・事故に至る場合があります。

○注意が必要なもの
 ・制汗スプレー ・殺虫スプレー ・ヘアスプレー ・パーツクリーナー ・防水スプレー ・冷却スプレー ・カセットボンベなど、日常生活の中に多く存在していると言えます。

○エアゾール缶等による火災・事故
・暖房器具や厨房器具付近の高温となる場所や、直射日光と湿気を避けて保管し、厨房器具や暖房器具等の付近では使用しない。

・エアゾール缶等を捨てる場合は、必ず中身を使い切り、各区市町村が指定するごみの分別を守って捨てる。

・やむを得ず使い切らずに捨てる時には、火気のない通気性の良い屋外で残存ガスがなくなるまで噴射して捨てる。

・使用前には必ず製品に記載されている注意書きを確認する。

エアゾール缶等による火災・事故について

事例紹介

@ネズミ駆除スプレーが石油ストーブにより過熱され爆発した火災

 石油ストーブの上にネズミ駆除スプレーが置かれているのに気付かず、石油ストーブを点火したため、過熱されエアゾール缶の内圧が高まり破裂し、噴出したガスに引火して爆発した。
  
 
石油ストーブ周囲の状況  破裂したスプレー缶の状況

Aカセットボンベの穴開けにより引火した火災

 ガス抜きのため穴をあけたカセットボンベを流し台シンク内に放置したままガステーブルを点火したところ、シンク内に滞留したガスにガステーブルの炎が引火した。

 
 出火場所の状況 流し台シンク内の状況