このページの本文へ移動
東京消防庁世田谷消防署インフォメーション(安全対策情報)平成28年中の火災状況

安全対策情報

平成28年中の火災状況から見る注意点

世田谷消防署管内で発生した火災の出火原因(1月から8月末現在)


順位 原  因 件   数      
 1位  たばこ 12件
 2位  ガスこんろ 9件 
 3位  電気関係 9件 
 4位  放火 6件 
 5位  暖房機 3件 

※ 世田谷消防署管内では、たばこの不始末が多いというのが、特徴です。

たばこ

 「火源の落下」、「寝たばこ」、「火種の残ったたばこを吸い殻でいっぱいの灰皿等へ捨てることや、ごみ箱やごみ袋へ捨てる等の不始末」がほとんどを占めており、適切な方法で喫煙し、始末をしていれば、火災の発生を未然に防止できたと思われるものが大半であることから、正しい吸い殻の処理や喫煙者の防火意識の高揚が重要になります。


  喫煙習慣のある方のためには、「寝たばこを絶対にしない」ということを徹底することはもちろんですが、防炎品のシーツや掛布団カバーの使用をお勧めします。


 【ポイント】
  ・ たばこは、布団やベッドの上では絶対に吸わないようにしましょう。
  ・ 飲酒→喫煙→うたた寝に注意しましょう。
  ・ 吸い殻は完全に消えていることを確認してから捨てましょう。
  ・ 灰皿に吸い殻を溜めずに、定期的に捨てるようにしましょう。
  ・ シーツや掛布団カバーは防炎品を使用しましょう。