このページの本文へ移動
東京消防庁成城消防署災害時支援ボランティア

災害時支援ボランティア

災害時支援ボランティアについて

イラスト:災害時支援ボランティア

「東京消防庁災害時支援ボランティア」とは、東京消防庁管下で震度6弱以上の地震が起きた際や、大規模な自然災害や事故が発生した際に、東京消防庁が管下で行う消防活動の支援を行う登録制の専門ボランティアです。

災害時などの主な活動

震災時等には、消火活動支援、救助活動支援、応急救護活動、情報収集・後方支援活動などを行っています。

  1. 消火活動支援
    消防隊の消火活動の支援をします。
  2. 救助活動支援
    消防隊の救助活動の支援をします。
  3. 応急救護活動
    心肺蘇生や止血など応急救護を実施します。
  4. 情報収集・後方支援
    道路被害や管内建物の被害状況などの情報収集や、消防署所の庁舎警備などの後方支援を行います。

日常の主な活動

震災時等に備えて、各種訓練や行事に参加します。また、地域の防災リーダーとして、地域住民の防火防災指導も行っています。

  1. 震災時等を想定した訓練
    消火訓練や倒壊建物からの救出救助訓練など。
  2. 会議・意見交換
    講習会や消防署での会議において、よりよい活動を目指すため、意見交換を行います。
  3. 住民指導での活躍
    住民に対しての防火防災訓練などでも活躍しています。
放水訓練
消防署裏庭で放水訓練
担架を使用した救助訓練
担架を使用した救助訓練
応急救護訓練
応急救護のレベルも高めます
管内の危険箇所の確認
管内の危険箇所を確認します
D級ポンプ取扱い訓練
資器材の取扱いも熟知しないといけません
地域の防災訓練でも活躍!
地域の防災訓練で活躍しています!

講習によるレベルアップ

  1. ボランティア講習(必須)
    新たにボランティア登録した方のための講習
  2. リーダー講習(希望者のみ)
    ボランティアのチームリーダーを希望する方のための講習
  3. コーディネーター講習(希望者のみ)
    ボランティアの統括及び調整役(コーディネーター)を希望する方のための講習

このように、ステップアップをすることもできますので、さらに上を目指すこともできます!

災害時支援ボランティアを募集しています

登録に関しての要件

原則として東京消防庁管轄区域内に居住、勤務または通学されており、15歳以上(中学生は除く)で、以下のいずれかの要件を満たす方。

 ※過去に当庁職員であった方については、居住地に関わらず登録できます

登録時の手続き

お問合せは・・・

災害時支援ボランティアに関するお問合せは、最寄りの消防署まで。

成城消防署にてご登録を希望される方は、警防課防災安全係地域防災担当までご連絡をお願い致します。(電話受付時間:平日午前9時から午後5時まで)。その際詳細をご説明させて頂きます。

東京消防庁のホームページにジャンプします

↑このページのトップへ戻る