このページの本文へ移動
東京消防庁臨港消防署地域の安心安全対策火遊びは怖いのよ

火遊びは怖いのよ

火遊びはだめだよ「ライター」

みんなは、ライターをしっているかな?

こどもがライターをいたずらしてもいいのかな?

ライターで遊ぶ子供

だめだめ、ぜったいにだめだよ。
ライターをいたずらすると、洋服(ようふく)や髪の毛(かみのけ)に火(ひ)がついて、やけどをしたり、いえが火事(かじ)になってしまうよ。
ライターは、ぜったいにいたずらしないでね!

「火遊び」は火災原因の第6位!

平成26年中に東京消防庁管内では、4,805件の火災が発生しました。
このうち、火災原因の第6位が「火遊び」で、平成26年中には76件発生しています。
発火源別では、「ライター」が最も多く、次に「マッチ」となっています。

子供が火事を!?衝撃的事実

なかでも、12歳以下の子どもによる「火遊び」が原因の火災が多発!
「ライター」を用いた火遊びは、幼児の段階から多く発生しています。
なんとも・・・衝撃的ですね。でも現実に起こっていることなのです。

だから大人が教えてあげましょう!

ライターで遊ぶ子供

こうしたことから、幼児期から、火の大切さや火・煙の怖さなど、火に関する正しい知識や取り扱い方について教えてあげることが必要です。

また、子どもは好奇心から大人の行動をみており、大人がしまったライターなどを探し出すこともあります。
ライターやマッチは、子どもの手が届かないところに保管しましょう。


幼児のいるご家庭必見!CRライター

CRライターというのは、「チャイルドレジスタンス対応ライター」のことです。つまり、子どもが容易に扱えないようにしたライターです。

子どもによるライターの火遊びが原因となっている火災が多いことから、消費生活用製品安全法が改正され、平成22年12月27日からCR機能がついたライター以外は販売が規制されることとなりました。

CRライターの一例
CRライター「2動作以上を同時に操作するタイプ」
1.透明の部分を火口の方へ押す。
2.1の状態のまま、黒い着火操作部を下に押し下げる。
CRライター「レバーの操作に力を要するタイプ」
レバー部分が硬く、ある程度の力を入れて押し下げないと着火しない。
CRライター「2動作以上の操作が必要なタイプ」
1.黒い着火操作部の中央部分に設けられたボタンを押す。(黄枠部分)
2.1の後、黒い着火操作部を下に押し下げる。

※中央区で従来のライターを捨てる場合は、必ず中身を使い切り、「燃やさないごみの日」に出してください。
詳しくはこちらもクリック

子どもの火遊び火災を防止しよう(東京消防庁ホームページ)

↑このページのトップへ戻る