このページの本文へ移動
東京消防庁臨港消防署地域の安心安全対策火災を防ぐ放火対策

すぐやろう!放火対策

放火犯を発見するキュータ 放火犯を発見するキュータ

皆様、ご存じでしょうか。
例年の出火原因第1位は、放火なのです。

平成26年中の火災でも、最も多い出火原因は「放火(疑いを含む)」で、1,380件でした。
放火火災の全火災件数(4,805件)に占める割合は、依然2割以上を占めています。

放火されないためには、「放火されない、放火させない、また放火されても大事に至らない環境づくり」が重要です。そのためにも、下記の「みんなで築こう放火されないまちづくり」の項目を守りましょう。

「みんなで築こう放火されないまちづくり」

家のまわりに何もないことを確認するキュータ

1.家のまわりはいつも整理整頓し、段ボールなどの燃えやすいものは置かないようにしましょう。また、共同住宅の廊下、階段などの共用部分には物を置かないようにしましょう。

※放火されやすい環境を作らないようにしましょう。

カギをかけるキュータ

2.物置や車庫などは、外部から簡単に進入できないように、必ずカギをかけておきましょう。

※空き巣防止のためにも重要なことですね。

消火器を設置するキュータ

3.消火器、三角消火バケツや住宅用火災警報器などを備えましょう。

※自宅の防火対策のためにも重要なことですね。

バイクに防炎性のカバーをかけるキュータ

4.車やオートバイのボディカバーは防炎製品を使いましょう。

※防炎製品は、万一、火源に接しても燃え広がりにくく、火災の拡大を防止する効果があります。

ごみの日を守るキュータ

5.ごみは、決められた日の朝に出しましょう。

※燃えやすいものを置いておくと、放火魔の思うツボです。
また、共同のごみ捨て場の場合、地域の方に迷惑がかかってしまいます。
中央区のごみの日はこちら(中央区ホームページ)

明かりをつけるキュータ

6.家のまわりは、外灯などをつけ、明るくしましょう。

※放火魔は、留守のときや、暗闇で見つかりにくい場所を狙います。

隣人に外出することを伝えるキュータ

7.外出するときは、隣人に一声かけていきましょう。

※普段から隣人とコミュニケーションを図っていると、防火防災対策に役立ちます。また、不審者等から家を守ることにもつながります。

地域・まちぐるみの大切さを訴えるキュータ

8.地域ぐるみ、まちぐるみで放火防止に取り組みましょう。

※いざというときは、隣人の方々と協力して防火防災対策に取り組むことが大切です。防火防災に強いまちというのは、地域ぐるみ、まちぐるみで積極的なコミュニケーションが図られています。


↑このページのトップへ戻る