このページの本文へ移動
東京消防庁臨港消防署>「平成29年舟艇小隊活動技術効果確認」

「平成29年度舟艇小隊活動技術効果確認」

 臨港消防署では、消防職員の日頃の訓練の成果を確認するため、平成29年6月27日に、「舟艇小隊活動技術効果確認」を臨港消防署裏庭の訓練塔で実施しました。
 「京浜港東京区内の船舶が出火し、中に逃げ遅れた人がいる」という想定で、訓練塔を出火中の船舶に見立てて効果確認が実施され、消防職員は日頃の訓練で培った技術・体力・連携を遺憾無く発揮し、消火、救出活動を行いました。
 臨港消防署は今後も、安全・確実・迅速に消防活動を行えるように、活動技術の向上を目指していきます。

「平成29年度舟艇小隊活動技術効果確認」の様子


↑このページのトップへ戻る