このページの本文へ移動
東京消防庁臨港消防署災害状況

災害状況

平成30年12月13日(木)現在
過去の災害状況(累計)はこちら
【火災】
区分平成30年
本年累計
平成29年
前年同期値
対前年増減
合計14件31件−17件
建物火災8件22件−14件
車両火災1件1件0件
船舶火災2件0件+2件
その他火災3件7件−4件
火災による死者0人0人0人
火災による傷者0人4人−4人
焼損床面積0平方メートル27平方メートル−27平方メートル


【救助】
区分平成30年
本年累計
平成29年
前年同期比
対前年増減
出場件数116件120件−4件
救助人員60人38人+22人
水難救助件数34件22件+12件
水難救助人員19人15人+4人

※救助とは、消防隊が火災現場や交通事故現場、労働災害現場等での脱出不能者等に対して、消防隊が救助器具等を使用して救出することです。



【危険排除・緊急確認】
区分平成30年
本年累計
平成29年
前年同期比
対前年増減
危険排除件数20件27件−7件
緊急確認件数46件52件−6件

※危険排除とは、火災又は公共危険の発生や、人命危険又は財産を損なう危険が予測される場合、その危険要因を排除する活動です。

※緊急確認とは、火災と紛らわしい火煙等や、自動火災報知設備等が作動した旨の連絡があった場合、消防隊が緊急に現場を確認し、原因を特定することで安全を確保する活動です。



【救急】
区分平成30年
本年累計
平成29年
前年同期比
対前年増減
出場件数3012件2845件+167「件
救護人員2717人2583人+134人
【PA連携】
区分平成30年
本年累計
平成29年
前年同期比
対前年増減
出場件数560件494件+66件
救護人員502人432人+70人

※PA連携とは、搬出困難、救急車の遅延、その他救急隊が活動困難な状況の救急現場に、現場直近のポンプ隊が応援出場し、救急隊と連携活動しながら効率的な救急業務を行うことです。
PA連携について詳しくはこちら(東京消防庁ホームページ)


↑このページのトップへ戻る