このページの本文へ移動
東京消防庁臨港消防署>「太陽のマルシェで火災予防広報」

太陽のマルシェで火災予防広報

 臨港消防署では平成29年11月11日(土)、勝どき駅前で開催された「太陽のマルシェ」において、秋の火災予防運動に伴う消防広報を実施しました。
 「太陽のマルシェ」は新鮮な旬の野菜や果物などを購入できるのはもちろん、生産者から調理法を聞いて学べる、「食べる・買う・学ぶ・体験」が一つになった、新しい形の都市型マルシェです。
 臨港消防署では、その大勢が集まるマルシェの中に、子供たちが消防隊の服を試着できる体験コーナーや、災害時の行動を学べるパンフレットを配布するブースを作りました。当日は子供連れが多く来場し、消防隊の服を着ながら嬉しそうに記念撮影する姿が印象的でした。また、親子で火災予防についての知識を深めてもらう、とても有意義な活動となりました。

太陽のマルシェの様子


↑このページのトップへ戻る