このページの本文へ移動
東京消防庁臨港消防署>文化財防火デーに伴う消防演習

文化財防火デーに伴う消防演習

 臨港消防署では、平成30年1月28日(日)、中央区有形文化財を有する住吉神社で消防演習を実施しました。
 演習は、神社社殿から火災が発生したという想定で、東京消防庁災害時支援ボランティア、佃一丁目町会、消防団、消防隊が参加して行われました。
 災害時支援ボランティアはD級ポンプを活用して、また、佃一丁目町会はスタンドパイプを活用して、佃の狭い路地を経由しながらホースを延長しました。
 演習の終盤には、消防団、消防隊も加わり、各隊が連携して、社殿に向かって一斉放水を行いました。
  

消防演習の様子


↑このページのトップへ戻る