このページの本文へ移動
東京消防庁大井消防署お知らせ着衣着火による火災に注意

着衣着火による火災にご注意ください! 

『着衣着火』とは?

  こんろやロウソクの炎が、着ている服の袖口やすそにつき、出火することです。着衣着火による火災では、火災の規模が小さい場合でも死傷者が発生するケースが多くあります。
  高齢の方は、着衣に火がついたとき、素早い消火をすることができずに重症化するケースが多くあり、注意が必要です。

                                         (着衣着火に関する統計データ等はこちら)



 〜着衣着火を防ぐポイント〜

 ・ 仏壇の灯明等、火のついたロウソクの上に手を伸ばさないようにしましょう。
 ・ こんろの上や奥にある調味料等をとるときは、火を消しましょう。
 ・ こんろの火が鍋等の底からはみ出さないように火力を調節しましょう。
 ・ 火気を取り扱う際は、マフラーやストールは外しましょう。
 ・ 防炎製品のエプロンやアームカバーを使いましょう。


     戸棚の上に手を伸ばして着衣着火 灯明のロウソクで着衣着火


 これから春のお彼岸の時期を迎えますが、灯明等でロウソクを使用する際は、
『着衣着火』
に十分ご注意ください。

↑このページのトップへ戻る