このページの本文へ移動
東京消防庁奥多摩消防署イベント>孤立地域発生対応訓練について

孤立地域発生対応訓練を実施

孤立地域発生対応訓練の様子


日時 平成29年10月13日(金)

場所 奥多摩湖

訓練参加機関 奥多摩町役場、東京都水道局小河内貯水池管理事務所、警視庁青梅警察署


 今回の訓練は、地震により青梅街道と奥多摩周遊道路で土砂崩れが発生し、小河内地区の原、川野、峰谷、留浦地区の集落が孤立したという想定で行われました。
 東京都水道局の船(深山丸)を活用した住民の避難訓練や、消防艇を活用した傷病者の搬送訓練を行いました。
 数年前の大雪の際には雪崩で道路が通行止めとなり、船を使って水路で傷病者や物資の搬送を行った実績もあることから、いつ起きるかわからない災害に対して、地域住民と関係機関との連携の重要性を再認識できた訓練となりました。


↑このページのトップへ戻る