このページの本文へ移動
東京消防庁荻窪消防署>文化財防火デーに合わせ、消防演習を実施

「育てよう 歴史を守る 防火の心」
文化財防火デーに合わせ、消防演習を実施

 

 当署では1月27日、井草八幡宮において消防演習を行いました。
 文化財防火デーは、昭和24年1月26日、奈良県の法隆寺金堂が火災で焼失したことから、先人たちが残した文化財を火災から守るため、昭和30年に始まりました。
 井草八幡宮には国の重要文化財の「顔面把手付釣手形土器(がんめんとってつきつりてがたどき)」、杉並区指定文化財の「板絵着色遅の井伝説図(いたえちゃくしょくおそのいでんせつず)」、「板絵着色榛名山社頭図(いたえちゃくしょくはるなさんしゃとうず)」が文華殿(ぶんかでん)に納められています。

 このたびの消防演習では、井草八幡宮本殿から出火し文華殿に延焼拡大するおそれがあるとの想定で、井草八幡宮自衛消防隊、善福寺町会防災会、荻窪消防署、荻窪消防団第3分団、荻窪消防署災害時支援ボランティア、荻窪警察署が合同で実施しました。演習フィナーレの一斉放水では、見学に訪れた近隣住民の方々から大歓声があがりました。


↑このページのトップへ戻る