このページの本文へ移動
東京消防庁西東京消防署イベント>西東京ギャラリー

西東京ギャラリー

第47回全国消防救助技術大会(陸上の部)へ猪突猛進!

来る平成30年8月24日(金)、第47回全国消防救助技術大会出場(開催地は京都)が行われます。当署からは、「ロープ応用登はん」の競技で関東予選を見事勝ち抜き、見事全国大会への切符を掴み取った古池貴司副士長、山田祐太消防士が出場します。市民の皆様、引き続き、熱い応援を宜しくお願いします。 kabeonoborutaiinn
陸上の部
kyuujyotaikaizennkokugekirei 「ロープ応用登はん」とは、登はん者と補助者が2人1組で協力し、器材を使わずに塔上から垂下されたロープを15メートル登るものです。
また関東予選では、水上の部フィン泳法(50メートル潜水)の種目に吉田直人消防士が「水中検索救助」の種目に出場し、栄えある3位入賞を果たしました。「水中検索救助」とは、4人1組で、2人が水面と水中を交互に検索し、要救助者を発見後、水面に引揚げ、他の2人が救出地点まで交互に対岸間を泳いで運び、救助します。  
水上の部

目指せ!第15回地域の防火防災功労賞 あなたの取組を募集します!!

「地域の防火防災功労賞」は、阪神・淡路大震災から10年目の節目にあたる平成16年6月に、地域防災の向上を図ることを目的として創設されました。町会、自治会、事業所等の防火防災に関する取組について募集します。

「地震、風水害等の自然災害」、「住宅防火」に関するあなたの取組を是非ご応募ください。



詳しくは、こちらをクリックしてください。

平成30年度「危険物安全週間」 消防演習・危険物安全管理講習会を実施します

平成30年6月3日(日)から6月9日(土)までの1週間は危険物安全週間です。平成30年度東京消防庁危険物安全標語は「知っておこう くらしの中の 危険物
(作者 鈴木 太佳雄さん 羽村市在勤)です。


危険物安全週間に伴い、西東京消防署では、「消防演習」及び「危険物安全管理講習会」を実施します。

☆消防演習
日時:平成30年6月5日(火)10時00分から10時30分
場所:住友重機械工業株式会社(西東京市谷戸町二丁目1番1号)


☆危険物安全管理講習会
日時:平成30年6月7日(木)13時00分から14時30分
場所:西東京消防署3階防災教室
*講習終了後は、新型はしご車の体験乗車があります(雨天中止)
*受講を希望される方は、5月31日(木)まで予防課危険物係へ電話でお申込み下さい。
  

西東京消防署・西東京市合同総合水防訓練を実施します

平成30年5月27日(日)、市内の都立東伏見公園(東伏見一丁目4番)において西東京消防署・西東京市合同総合水防訓練を実施します。水防訓練には西東京消防署をはじめ、西東京市、西東京市消防団、東京消防庁災害時支援ボランティア、西東京消防少年団、防火防災協会女性部会、地域住民の皆さまが参加予定です。いつおこるか分からない水災に備え、連携を図り訓練に臨みます。

日時:30年5月27日9時30分から11時00分
場所:都立東伏見公園(東伏見一丁目4番)
(小雨決行)

第4回西東京商工まつりで「出前防火防災訓練」

平成30年5月12日(土)及び13日(日)、文理台公園(東町一丁目)において「第4回西東京商工まつり」が開催され、当署では防火防災体験ブースを出展しました。
ちびっこ消防隊が活躍し、また、たくさんの「消火マスターが誕生しました。
会場には地元のゆるキャラ達や当庁マスコットキャラクターの「キュータ」が登場し、まつりを盛り上げました。

西東京消防署長に山本登が就任

平成30年4月1日付けで、西東京消防署長に山本登が就任しました。
災害に強い街、人にやさしい西東京を目指し、20万市民の安全安心に署員一丸となって寄与してまいります。

防火管理者実務講習会を実施しました

平成30年3月7日(水)、当署において、防火管理者実務講習会を実施しました。
講習は市内の災害状況にあわせ、収れん火災及び電子レンジ火災が発生したことに伴い、消防技術安全所員を講師に招いて火災実験を行いました。

ダイドードリンコアイスアリーナで消防演習を実施しました

平成30年3月5日(月)、管内のダイドードリンコアイスアリーナ(東伏見三丁目)において、春の火災予防運動に伴う消防演習を実施しました。
演習は、「1階スナックコーナーから出火」との想定で自衛消防隊による初期消火及び避難誘導後、消防隊と消防団が連携した活動を実施しました。
演習終了後は、出前防災訓練として初期消火訓練や応急救護訓練を実施しました。

スカイタワー西東京で高所火災対応訓練を実施しました

平成30年2月26日(月)、震災時にエレベーターが停止したという想定で、管内で最も高いスカイタワー西東京(芝久保町五丁目)において、高所火災対応訓練を実施しました。
スカイタワー西東京は、地上195メートル、階段部分は125メートル、695段あり、各隊は火災出場時の服装で、ホース及び投光器等を階段のみを使用して最上階まで搬送しました。
各隊とも上階までいかに体力の消耗を少なく到達するか、いかに効果的に資器材を搬送するか研究しました。

アスタ消防フェスティバルを実施しました

平成30年2月24日(土)、西武新宿線田無駅前にある大型商業施設アスタビル(田無町二丁目)において、第3回アスタ消防フェスティバルを実施しました。
アスタビル2階店舗から出火したとの想定で、従業員100人以上が参加した避難訓練や自衛消防隊による初期消火活動後、消防隊・消防団による連携した活動を展開しました。
また、2階のセンターコート内に防災体験コーナーを設け、来場者に体験を呼びかけました。約600人が各種コーナーを体験していき、盛大に終了しました。
   

バスジャック合同テロ対応訓練を実施しました

平成30年2月19日(月)、管内の田無自動車教習所(芝久保町四丁目)において、西東京市合同テロ対応訓練を実施しました。
訓練は、西東京市及び田無警察署、西武バス(株)と合同で行い、バスジャック発生時のSOSスイッチによるバス会社からの通報、警察官による犯人の確保及び消防隊によるバス車内で噴射された毒劇物の対応、要救助者の救出を行いました。消防隊は当署のほか、第九方面消防救助機動部隊も参加し、各機関と連携した活動を行いました。
当署では、これからも各関係機関と連携を深め、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向けてテロに強い街づくりを進めていきます。

外国人実習生の宿舎で自衛消防訓練を実施しました

平成30年2月6日(火)、管内の建設会社の外国人実習生が居住する宿舎において、自衛消防訓練を実施しました。
外国人実習生は、中国国籍10名、インドネシア国籍50名が生活を行い、建設現場で技術を学んでいます。
訓練では、消火器の取扱い、避難ハッチによる避難要領及び多国籍言語版冊子「消防119」による防災教育を実施しました。
通訳を介しながらの訓練でしたが、参加した実習生は皆熱心に取り組んでいました。

文化財防火デーに田無神社で消防演習を実施しました

平成30年1月26日(金)の文化財防火デーに、田無神社(田無町三丁目)において、消防演習を実施しました。
演習は、田無神社関係者及び西東京市消防団、災害時支援ボランティアが連携して活動し、最後には一斉放水が行われました。
数日前に降った雪がまだ残る境内には、近隣の幼稚園、保育園の先生や園児の皆さんが見学に訪れ、演習を通じて文化財を火災から守り、次世代へ受け継いでいくことの大切さを学んでいました。

西東京市役所で防災フェアが行われました

平成30年1月21日(日)、西東京市役所保谷庁舎(中町一丁目)において、市主催の「防災フェア」が行われ、当署でも参加しました。はしご車の搭乗体験や起震車による地震体験のほか、初期消火体験、消防車・救急車のバッテリーミニカーの体験で親子で楽しみながら防災を学ぶ姿が見られました。

はしご隊・指揮隊の連携活動の訓練成果を確認しました

平成29年12月14日(木)及び15日(金)、当署の訓練棟において、はしご隊・指揮隊の連携活動について訓練の成果を確認しました。
「耐火造6階建て建物の4階から出火し、逃げ遅れが数名ある」という想定で行われ、各隊とも高所活動に伴うはしご車の操作技術や指揮隊との連携など、日頃の訓練の成果を発揮していました。

シチズン時計株式会社で消防演習を実施しました

平成29年11月14日(火)、シチズン時計株式会社(田無町六丁目)において、秋の火災予防運動に伴う消防演習を実施しました。
演習は、「地震発生に伴い火災が発生し、逃げ遅れ3名あるもよう」という想定で行われ、シチズン自衛消防隊、西東京市消防団第3分団、西東京消防署隊による救助・消火活動の後、一斉放水を実施し、終了しました。

西東京市民まつりで消防ふれあいフェアー

平成29年11月11日(土)及び12日(日)、いこいの森公園(緑町三丁目)において、「第17回西東京市民まつり」が開催され、当署も参加し、消防ふれあいフェアーを実施しました。
消防ふれあいフェアーでは、初期消火体験や応急救護体験をはじめ、各種防火防災を楽しく学べるコーナーを設けたほか、第九消防方面救助機動部隊配置の特殊災害対策車の展示やまちかど防災訓練車を活用した防災訓練を実施しました。
12日には西東京消防少年団及び災害時支援ボランティアによるパレードも行われました。
   

防火のつどいを実施しました

平成29年11月7日(火)、コール田無(田無町三丁目)において、秋の火災予防運動に先立ち防火のつどいを実施しました。
第1部の火災予防業務協力者等表彰式では計43の団体・個人が表彰されました。
第2部では早稲田大学マジッククラブの2名による早稲田大学防災マジックショーが行われ、防火防災の話を交えながら火災予防を訴えました。

西東京市役所田無庁舎で消防演習を実施しました

平成29年10月27日(金)、西東京市役所田無庁舎(南町五丁目)において、秋の火災予防運動に先立ち消防演習を実施しました。
演習は、「耐火造地上5階、地下2階建ての市役所において、震度5強の地震により2階給湯室から出火し、2階ベランダ及び屋上に逃げ遅れがあるもよう」という想定で行われ、消防隊・西東京市消防団・自衛消防隊による活動が行われました。
最後に一日消防署長の西東京市役所総務部長の合図で一斉放水が行われました。
演習後は、当庁が今年から運用を開始した「まちかど防災訓練車」を活用した防災訓練を行い、西東京市長をはじめ、多くの市役所職員や来庁者が放水を体験しました。

平成29年度西東京市総合防災訓練が行われました

平成29年10月22日(日)、上向台小学校及び介護老人保健施設の武蔵野徳洲苑において、平成29年度西東京市総合防災訓練が行われました。
訓練は、「備えよう! 命をつなぐ 自助共助」を合言葉に、多摩直下型地震が発生した想定で地域住民と事業所が自分たちのまちを守るために、各種訓練を体験しました。

はたらく消防の写生会表彰式×防災訓練を実施しました

平成29年10月14日(土)、学校法人日本文華学園文華女子中学校・高等学校(西原町四丁目)において、はたらく消防の写生会表彰式と防災訓練を実施しました。
受賞した子ども達や保護者など約300人が来場し、受賞者一人ひとりに賞状が授与されたほか、式典終了後には防災訓練を実施しました。

早稲田スポーツフェスタに参加しました

平成29年9月18日(月)、早稲田大学東伏見キャンパス(東伏見二丁目)において、早稲田スポーツフェスタが開催され、当署も消防広報を実施しました。
小さい子どもから大人まで約5,000人が来場したスポーツフェスタは、当庁マスコットキャラクターキュータをはじめ、多くのゆるキャラと交流したほか、初期消火体験や反射神経測定、消防官募集広報を行いまいた。

西東京救命講習市民大会を実施しました

平成29年9月9日(土)、西東京市役所保谷庁舎防災センター(中町一丁目)において、西東京救命講習市民大会を実施しました。
当日は42名の参加者が集まり、心肺蘇生法やAEDの使い方などについて学びました。
参加者からは、「学んだことをいざという時に役立てたいと思います。」と話していました。

平成29年度自衛消防訓練審査会を実施しました!

平成29年9月4日(月)、株式会社田無自動車教習所(芝久保町四丁目)において、平成29年度自衛消防訓練審査会を実施しました。
審査会では市内の各事業所から1号消火栓の部と2号消火栓の部に分かれ、22事業所、27隊の自衛消防隊が活動を競い合いました。

シチズン時計株式会社

保谷厚生病院 
実施結果

(1号消火栓の部)
優勝:シチズン時計株式会社
準優勝:西武鉄道株式会社保谷乗務所
3位:西東京市役所

(2号消火栓の部)
優勝:保谷厚生病院
準優勝:社会福祉法人至誠学舎東京サンメール尚和
3位:社会福祉法人悠遊

第46回全国消防救助技術大会で入賞しました

平成29年8月23日(水)、宮城県総合運動公園で開催された「第46回全国消防救助技術大会」に当署から上原大樹副士長と小山真由樹副士長が「ロープ応用登はん」に出場し、入賞しました。
  入賞した二人は、、「大会に向けて訓練に励んだ今回の経験は消防人生の中での宝であり、今後は、市民の皆さまの消防に寄せる期待に応えるための力にしていきます」と西東京市の安全・安心への決意を新たにしていました。

↑このページのトップへ戻る