このページの本文へ移動
東京消防庁練馬消防署>地域の防火防災(消防少年団)

活動の目的とは

消防少年団は、同世代の防災リーダーとして、

また、将来の地域防災の担い手として、活躍を期待されています。

防火・防災に関する知識・技術を身につけるとともに、

規律ある団体活動や奉仕活動などを通じて、

社会の基本的なルールをきちんと守り、

思いやりの心を持った責任感のある大人に育つよう、

日々の活動に取り組んでいます。

 

練馬消防少年団について

発団は、昭和52年11月26日。

内田団長のもと小学校3年生から高校3年生までの

児童、生徒及び経験豊かな指導者で組織されています。

活動は、日曜日を中心に毎月1〜2回、

規律、消火、救助訓練のほか、夏季野外宿泊活動、

火災予防広報、社会福祉施設訪問などを行っています。

 

入団申込み及び問合せ先


練馬消防少年団事務局

練馬区豊玉北五丁目1番8号

練馬消防署 警防課 防災安全係内

電話:03−3994−0119


担当: 藤宮 井上
   東京消防庁「消防少年団について」
のページはこちら

練馬消防少年団の活動の様子

防火防災についての知識と技術を習得するとともに、

地域特性や季節に応じた活動を実施しています。

   
 入団・進級式  はしご車搭乗体験  結索訓練
   
 初期消火訓練  野外宿泊活動  紙巻を活用した炊き出し訓練
   
 岩井海岸美化清掃  老人福祉施設慰問  D級可搬ポンプ訓練
     
 応急救護訓練  方面のつどい  防火祈願もちつき会