このページの本文へ移動
東京消防庁町田消防署>災害時支援ボランティア

災害時支援ボランティア

東京消防庁災害時支援ボランティアとは

東京消防庁災害時支援ボランティアとは・・・

東京消防庁災害時支援ボランティアとは、東京消防庁管内で震度6弱の地震が起きた際や、大規模な自然災害が発生した際に、東京消防庁が管下で行う消防活動の支援を行う登録制のボランティアです。

災害時などの主な活動

  1. 消火活動支援:消防隊の消火活動の支援をします
  2. 救助活動支援:消防隊の救助活動の支援をします。
  3. 応急救護活動:心肺蘇生や止血など、応急救護を実施します。
  4. 情報収集・後方支援:被害状況などの情報収集や消防署の庁舎整備などの後方支援を行います。

日常の主な活動

  1. 震災時等を想定した訓練:スタンドパイプを使用した放水訓練や倒壊建物からの救出救助訓練を行います。
  2. 会議・意見交換:講習会や消防署での会議において、よりよい活動を目指すため、意見交換を行います。
  3. 防火防災訓練指導:応急救護訓練や防火防災訓練などを行います。

募集案内

ボランティア大募集〜この街と人を守るためにできること!〜

過去の大震災では、家屋の倒壊とともに多くの火災が発生し、尊い人命が奪われました。このことは、 消防機関のみでの活動の限界をあらためて思い知らされ、同時に多くの教訓も得ました。

東京消防庁では平成5年から全国に先がけ災害ボランティア制度について検討し、試験的な運用を経て、平成7年7月に全庁的に制度を発足させました。

町田消防署では災害に強い街づくりを推進するため、一人でも多くの方の登録を募集してます。地域防災にあなたの力を活かしませんか。

どんな人が登録できますか?

原則として東京消防庁管轄区域内に居住、勤務または通学されており、15歳以上(中学生を除く)で、以下のいずれかの要件を満たす方。

  1. 応急救護に関する知識を有する方(救命講習、赤十字救急法救急員等)
  2. 過去に消防団員、消防少年団員として1年以上の経験を有する方
  3. 震災時等、復旧活動時の支援に必要となる資格、技術等を有する方

※過去に当庁職員であった方については、居住地にかかわらず登録することができます。

平成31年度行事予定

4月 下旬 未定  
5月 12日(日) 町田市総合水防訓練 鶴見川クリーンセンター
町田市役所、町田市消防団、町田消防少年団、町田防火女性の会、
町田市建設業協会、町田消防署等が連携して、水防工法を実施します。
10月 20日(日) 町田市総合防災訓練 未定
1月 15日(日)〜
21日(土) 
 「防災とボランティア週間」 未定   
未定 
3月 未定 春の火災予防運動 未定
未定
※ 予定が決まり次第随時更新いたします。
  参加連絡又は問い合わせ先
  警防課防災安全係 電話:042−722−0119 FAX:042−728−5794