このページの本文へ移動
東京消防庁小石川消防署>小石川ニュース

小石川ニュース

小石川消防フェア開催!

 春の火災予防運動期間中の3月3日(日)、小石川消防フェアを開催しました。
 当日は、雨の中沢山の方が来場し、様々な防火防災体験にチャレンジし、楽しみながら家族ぐるみで防火防災の知識を高めていました。
 また、恒例のヒーロー握手会には「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」よりルパンレッドとパトレン1号が登場。2大ヒーローが地域の安全・安心を訴えてくれました。

   

第65回文化財防火デーに伴う消防演習を実施!

 平成31年1月24日(木)、文化財防火デーに伴う消防演習を護国寺において実施しました。
 今回の演習は、本堂で法要中に大地震が起き、火災が発生したという想定で行われ、小石川消防署をはじめとする消防隊のほか、小石川消防団、護国寺自衛消防隊、真言宗豊山派宗務所自衛消防隊、日本大学豊山中学校・高等学校自衛消防隊、災害時支援ボランティア、護国寺近隣の5町会(豊島ヶ岡町会、大塚坂下南町会、大塚坂下北町会、大塚上辻町会、大塚四丁目協力会)の方々、総勢170名が参加し、さらに東京消防庁の10トン水槽車、ドローン、消防ヘリといった特別な車両も活躍した大規模な演習となりました。
 見学に来てくれた近隣幼稚園児たちも真剣なまなざしで演習に見入り、境内に大きな歓声が響きました。

   
   

小石川消防署特別広報官が活躍!!

 秋の火災予防運動期間中の11月9日(金)から11月15日(木)までの1週間、ヤクルト白山センターの販売員の方が小石川消防署特別広報官となりました。
 配達の際に自転車の前かごに「火災予防運動実施中」のステッカーを掲出し、制服にもリボンをつけ、当署管内で火災予防を地域の方々に呼びかけていただきました。
 また、えんま通り商店街と地蔵通り商店街では、連日にわたり署員のナレーションによる出火原因別の火災予防対策を流していただいて、買い物客へのPRに協力していただきました。
 さらに、東京ドームのオーロラビジョンに火災予防運動のポスターを映し出し、東京ドームで開催されるコンサートに訪れていた方に火災予防をPRしました。

   

「小石川防火のつどい」を実施しました

 平成30年11月13日(火)、文京シビックセンター小ホールにて小石川防火のつどいが行われました。
 第1部では、東邦音楽大学附属東邦中学校・東邦高等学校の生徒9名による演奏が行われました。演奏会では二重奏、ピアノ連弾など5つの演目が披露され、その素晴らしい演奏に会場の皆さんが聴き入っていました。
 会場に訪れた一般来場者からは、「素晴らしいい時間でした。来年も来たいと思います。」という声が聞かれました。
 また、第2部では平素から火災予防業務へ協力していただいている90名の方へ、横山署長より表彰状、感謝状が手渡されました。
 
   
   

祝・受賞!第68回はたらく消防の写生会表彰式を実施

 平成30年11月4日(日)、小石川消防署においてはたらく消防の写生会表彰式を開催しました。当日は12校から94名の受賞した児童・生徒が出席し、互いに緊張した面持ちで式典に臨みました。来賓として列席した成澤文京区長、小学校校長、保護者約300名が温かく見守る中、リハーサルでは緊張のためか小さな声であった子も本番では名前を呼ばれると大きな声で返事をし、元気よく受賞。来賓・家族から温かい拍手が送られました。
 表彰式終了後は、受賞者と家族が裏庭で総合防災訓練を体験しました。特にまちかど防災訓練車での放水体験ではホースを握る手にも力強さが感じられ、保護者の方からも「素晴らしい賞を頂いたうえに貴重な体験をさせてもらいました。」という声が聞かれました。

   
   

火災による死者ゼロ2000日達成!

 小石川消防署では7月29日、火災による死者ゼロ2000日を達成しました。    
 これは、平成25年2月4日火災による死者が発生して以降、消防署のみならず、消防団、消防協働団体及び、地域の皆様が一致団結して火災予防に努めてこられた成果であります。    
 当署では今後も、これまで以上に地域の方とのつながりを大切にして、自主防火体制の強化を進め、「火災による死者ゼロ日」を永く更新していくよう署員一丸となって頑張っていきます!

 


↑このページのトップへ戻る