このページの本文へ移動
東京消防庁清瀬消防署防火防災>火災予防

火災予防

消防法令に基づく適正な防火・防災対策が講じられるように、立入検査、火災原因調査等を通して、建築物や危険物施設等の指導に努めています。

建物の中間検査を行う消防職員
建物の中間検査を行う消防職員

建築計画時の事前相談、建築同意時の審査、その後の中間及び使用検査により、建物が安全に使用できるよう指導を行っています。

立入検査を行う消防職員
立入検査を行う消防職員

建物や危険物施設などで立入検査を行い、防火管理、消防設備の維持管理などの状況を検査し、違反があれば早期改善を促進し、安全な防火対象物の維持管理を図らせています。

タンクローリーを検査する消防職員
タンクローリーを検査する消防職員

危険物施設の設置又は変更に伴う許可申請の審査、現場での完成検査などを通して、施設の安全確保を行っています。

自衛消防訓練審査会
自衛消防訓練審査会

事業所の防火管理が適切に行われるよう所有者や経営者等に対して、防火管理者の選任、消防計画の作成等を指導しています。

また、消防計画に基づき、災害発生時の初期対応が迅速・適確に行われるよう、自衛消防訓練の指導も行っています。

消防演習
消防演習

火災予防運動は、市民の皆さんに防火防災に関する正しい知識と防災行動力を高めていただくことにより、火災の発生・拡大を防止し、尊い生命と貴重な財産を守ることを目的としています。

運動期間中は一日消防署長などの広報行事や大規模な防災訓練などを実施しています。


↑このページのトップへ戻る