このページの本文へ移動
東京消防庁北多摩西部消防署BFC・ボランティア・女性の会>ボランティア

東京消防庁
災害時支援ボランティア

平成7年1月に発生した阪神・淡路大震災は、家屋の倒壊約60万棟(一部倒壊を含む)、火災約1万棟、死傷者約5万名の大災害でした。この震災では、消防機関のみでの活動の限界を思い知らされたこと、また、140万人のボランティアが多方面にわたり救援活動に活躍していたことなど、多くの教訓を得ました。

東京消防庁では平成7年7月に、主として震災時、多数傷病者発生時等に消防隊の活動を支援していただく「災害時支援ボランティア」制度を発足しました。

活動目的

都内で発生した地震災害等において、消防署と連携して災害の拡大を防ぎ、被害を小さくするために活動します。

活動内容

防災訓練での活動の様子
〈防災訓練での活動状況〉

応募資格等

東大和市及び武蔵村山市に在住又は在勤する、15歳(中学生を除く。)以上の方。

北多摩西部消防署に登録している116名の方々は、定期的に訓練を実施し、震災等の大規模災害に備えています。

是非、あなたの「ちから」を地域のために、活かしてください。

お問合せ先

北多摩西部消防署 警防課 防災安全係まで

TEL:042−565−0119  内線 320 321


平成29年度北多摩西部災害時支援ボランティア訓練計画

 活動日 訓練内容
 平成29年  4月 9日(日)  普通救命講習
 5月14日(日) ボランティア活動技術向上訓練
(救出訓練・応急救護訓練)
 6月 4日(日)  武蔵村山市水防訓練
 6月11日(日) 東大和市水防訓練
 7月 8日(日) 立川署ボランティア合同訓練
 8月27日(日) 武蔵村山市総合防災訓練
 9月 3日(日) 東大和市総合防災訓練
11月上旬 庁震災訓練
秋の火災予防運動における広報活動
12月10日(日) ボランティア活動技術向上訓練
(火災対応訓練)
平成30年   1月21日(日) ボランティア全体会議
感謝状贈呈式
 2月25日(日) 林野火災消防演習
防災訓練等の支援・募集
3月上旬
3月中旬
春の火災予防運動に伴う広報活動
東大和市防災フェスタ支援
武蔵村山市避難所体験訓練の支援

東京消防庁災害時支援ボランティア制度


↑このページのトップへ戻る