このページの本文へ移動
東京消防庁北多摩西部消防署>消防署沿革

消防署沿革

北多摩西部消防署の歴史

 北多摩西部消防署の設立からの主な歴史を、当時の出来事を合わせてご紹介します。

北多摩西部消防署での主な出来事 社会の主な動向・出来事
1968年(昭和43年)
2月 北多摩郡大和町と村山町が共同で
北多摩西部消防組合を設立
  
4月 北多摩西部消防組合本部・消防署を
大和町役場内に署員12名で開設。

1969年(昭和44年)

2月 消防庁舎を大和町芋窪956番地に建設着手。
2月  米国アポロ11号月面着陸
人類として初めて月に降り立つ。
7月 新庁舎竣工
(耐火造2階建て延べ面積647u)
 
 1970年(昭和45年)
10月 市制施行により大和町から東大和市へ   
11月 市制施行により村山町から武蔵村山市へ

1974年(昭和49年)

3月 北多摩西部消防組合解散     
4月 消防業務を東京都へ委託し、
東京消防庁北多摩西部消防署として発足。
北多摩西部消防署123名
東大和市消防団189名
武蔵村山市消防団210名
4月 0時15分
武蔵村山市国立療養所村山病院で火災発生。
1棟2,300u焼損 傷者4名
開署以来焼損面積最大の火災
5月 三ツ木出張所を現在地に開所
(職員14名、ポンプ車1台、化学車1台)

1975年(昭和50年)

4月 東大和出張所を現在地に開所
(職員14名、ポンプ車1台)
 

1980年(昭和55年)

3月 北多摩西部消防少年団(BFC)発足  

1982年(昭和57年)

5月 火災による焼死者ゼロ1,500日達成 2月 ホテル・ニュージャパン火災
死者31名 傷者34名
2月 羽田沖日航機墜落事故
死者24名 傷者147名
  1983年(昭和58年)
9月 火災による死傷者ゼロ2,000日達成  

1984年(昭和59年)

10月 武蔵村山市中藤LPG爆発火災
焼損面積53u 傷者23名
半径200m55棟の窓ガラス等破損
 

1985年(昭和60年)

  8月  日航ジャンボ機
群馬県御巣鷹山に墜落
死者520名 傷者4名

1986年(昭和61年)

3月 北多摩西部消防署増築
(会議室・寝室)完成
 
4月 東大和市芋窪住宅火災
住宅5棟焼損 焼損面積695u
 
 1988年(昭和63年)
4月 北多摩西部消防署開署20周年  
12月 北多摩西部消防署救急業務連絡協議会設立  
1990年(平成2年)
12月 東大和市桜ヶ丘3丁目にて不発弾(250キロ)が
発見され1週間後に除去される。
 
1991年(平成3年)
5月 武蔵村山市伊奈平工場火災
6棟焼損 焼損面積613u
 

1992年(平成4年)

  1月 阪神・淡路大震災(M7.2)
死者6,434名行方不明者3名
傷者43.791名
火災件数294件
3月 北多摩西部防火女性の会発足 3月 地下鉄サリン事件
死者12名 傷者5,510名
5月 火災による死者ゼロ2,000日達成
1996年(平成8年)
1月 北多摩西部災害時支援ボランティア発足  
 1998年(平成10年)
6月 北多摩西部消防署開署30周年
11月 多摩都市モノレール
上北台〜立川北間 開業
 2000年(平成12年)
4月 北多摩西部消防少年団20周年
11月 北多摩西部防火防災会発足
 2002年(平成14年)
11月 火災による死者ゼロ1,000日達成
 2005年(平成17年)
8月 北多摩西部消防署本署に特別消火中隊発隊
2006年(平成18年)
8月 東大和市域
火災による死者ゼロ1,000日達成
 
10月 武蔵村山市域
火災による死者ゼロ1,000日達成
 
12月 東大和市域
平成18年中焼損床面積ゼロ達成
 
2007年(平成19年)
11月  東大和市消防団、武蔵村山市消防団
創設60周年
 
2008年(平成20年)
1月 東大和市域
火災による死者ゼロ1,500日達成
 
2月 武蔵村山市域
火災による死者ゼロ1,500日達成
 
4月 北多摩西部消防署開署40周年  
12月 北多摩西部救急業務連絡協議会発足20周年  
2009年(平成21年)
1月 東大和市新堀商店街火災
12棟 延801u焼損 死者1名
東大和市域開署以来最大の火災
 
7月 武蔵村山市域
火災による死者ゼロ2,000日達成
 
2010年(平成22年)
4月 北多摩西部消防少年団発足30周年  
2011年(平成23年)
3月 東日本大震災発災
2012年(平成24年)
4月 東大和出張所に特別消火中隊が発隊  
2013年(平成25年)
3月 東大和市域
火災による死者ゼロ1,500日達成
 
8月 武蔵村山市域
火災による死者ゼロ1,000日達成
 
2014年(平成26年)
12月 武蔵村山市域
平成26年中焼損床面積ゼロ達成
 


↑このページのトップへ戻る