このページの本文へ移動
東京消防庁神田消防署救急からのお知らせ

救急からのお知らせ

病院?救急車?迷ったら、♯7119&東京版受診ガイド

迷ったら時の2つの安心♯7119

東京消防庁管内

救急出場件数(平成27年) 759,853件(昨年比+2,299件)(速報値)

1日平均 2,082件 42秒に1回の割合で出場

搬送人員(平成27年)673,046人(昨年比+8,417件)(速報値)

救急車は公共性緊急性が高い貴重な財産です。

本当に必要な方のために適正利用をお願いします。

東京消防庁救急相談センター 電話でのアドバイスは
♯7119東京消防庁救急相談センター
(クリックすると案内ページへリンクされます)

パソコンや携帯電話、スマートフォンからは
東京版救急受診ガイド
(クリックすると案内ページへリンクされます)

救命講習を受講し、知識と技術を身につけよう

そばにいる「あなた」の適切な応急手当により尊い命を救うことができます。

現在、神田消防署では救命講習を毎月第3日曜日に実施しています。

※希望日が上記以外の日曜日であっても調整の上、実施できる場合もありますので、お気軽にご相談下さい。


〜応急手当奨励制度〜応急手当奨励制度
応急手当の普及に関し、下記の交付要件を満たしている事業所等に対して、消防署長が救命講習受講優良証を交付します。また、希望により東京消防庁ホームページ上に名称を掲載、優良マークを表示することが出来ます。

交付要件
 1、事業所や商店街、地域等で、救命講習の普及を推進する人(応急手当指導員  又は応急手当普及員)が養成され、救命講習の普及に活用されていること。
 2、交付対象毎に、総数(従業員等)の30パーセント以上が、有効期限内にある救命講習修了者であること。

問合せ先は、神田消防署 救急係までお気軽にご相談下さい。

↑このページのトップへ戻る