このページの本文へ移動
東京消防庁蒲田消防署トピックス>各種イベント

各種イベント

平成27年 蒲田消防署管内の行事・イベント

11月9日(月)〜11月15日(日)
秋の火災予防運動

蒲田消防署では、秋の火災予防運動に伴い、11月9日(月)に防火のつどいを開催しました。

   

10月15日(木)
平成27年度航空機事故対処総合訓練を実施

 東京国際空港において、航空機事故に備えた総合訓練を実施し、75機関から約700人が参加しました。
 訓練は、着陸後の航空機エンジンから出火し、多数の負傷者が発生したという想定のもと、各関係機関が連携し、救出活動を実施しました。機内から救出された負傷者は、緊急性や重症度に応じて医療の優先度を判断する「トリアージ」が行われた後、救護所に搬送され、医療関係者による処置を受けました。

10月13日(火)
六郷工科高校で車両整備教養を実施しました

 東京都立六郷工科高等学校において、車両整備教養を実施し、約20名の署員が参加しました。
 オートモービル工学科の教諭によるエンジン内部構造に関する講義や、実際の車両を使用したバッテリー・タイヤ交換要領の実習を行い、機器損傷防止と適正な車両整備要領の習得につながる教養となりました。

9月6日(日)
方面のつどいを開催!

 
少年団による大綱引き  蒲田消防署体育館において、東京消防少年団連盟第二支部方面のつどいを実施し、品川、大井、荏原、大森、田園調布、蒲田、矢口の各消防少年団から約300人が参加しました。
 今年の交流種目である大綱引きでは、笛の合図とともに「オーエス、オーエス」という声援が響き渡り、チーム一丸となって懸命に綱を引きながら、各消防少年団の親睦を深めました。 

9月4日(金)
平成27年度自衛消防隊訓練審査会を実施

東糀谷防災公園において、自衛消防隊訓練審査会を実施し、管内にある28事業所から33隊(条例隊16隊、男性・混成隊14隊、女性隊3隊)の自衛消防隊が出場しました。審査結果は以下のとおりです。

 順位 条例隊 男性・混成隊 女性隊
 優 勝  日本空港ビルデング鰍a  グローリーエンジニアリング  日本空港ビルデング鰍a
 
自衛消防隊 身の安全を確保  自衛消防隊による初期消火

8月29日(土)
第1回まもりんピック蒲田東でポンプ車展示を行いました

憧れの消防官と記念撮影  大田区総合体育館で第1回まもりんピック蒲田東が開催されるのに合わせ、当署ではポンプ車の体験乗車や積載資器材、防火衣等の展示を行い、さらに管内の火災傾向や防火防災対策について説明を行いました。

8月12日から8月17日まで
「第65回はたらく消防の写生会」の作品展示を行いました

 
作品展示状況  当署では、大田区役所1階ロビーにおいて、蒲田消防署管内14校が参加して行われた第65回はたらく消防の写生会の優秀賞及び入賞作品の展示会を行いました。
 優秀賞34点、入賞83点を展示した会場では、躍動感あふれ、いきいきとした作品を見た大人たちから驚嘆の声があがっていました。 

8月9日(日)〜はしご車が特別参加〜
大蒲田祭で消防広報を実施!

はしごの先端を見つめる男児  当署では8月9日(日)、管内にあるJR蒲田東口駅前大通りで開催された大蒲田祭において、消防広報を実施しました。 はしご車乗車体験のイベントには、地域の子どもたちがたくさん集まり、40メートルまで伸びたバスケットから、蒲田の街並みや、お祭りの様子を大はしゃぎで眺めていました。
 また、蒲田消防少年団は打ち水大会に参加し、水消火器を使った放水を行いながら、元気いっぱいに初期消火のPR活動を実施しました。  

7月30日(木)〜暑さに負けるな!〜
はしご小隊及び特別救助小隊消防活動技術訓練効果確認を実施

懸垂降下で要救助者に接触   蒲田消防署では熱暑の中、はしご小隊及び特別救助小隊消防活動技術訓練効果確認を実施しました。高所における実践的な救出活動の技術向上を目的とし、訓練想定ははしご小隊が、共同住宅3階から出火し逃げ遅れが同時に複数名発生したとの内容で、また特別救助小隊は、3階付近で作業中のゴンドラが傾いた状態で停止し、作業員1名が脱出不能となったとの内容で審査が行われました。
 さらに、付加想定として架線障害による車両接近困難等を加え、より実災害に即した活動環境で訓練を行うなど、各隊長を中心とした状況判断や、安全かつ迅速な救助活動のスキルアップにつながる審査会となりました。

〜小さな故障が大きな事故に繋がる〜
消防機械器具点検整備技能審査を実施

ポンプ車を点検する消防隊員  当署では、平成27年7月21日(火)から23日(木)までの3日間、消防機械器具点検整備技能審査会を実施しました。車両や資器材の点検整備技術の習熟を図ることで、安全かつ適正に消防機械器具を取扱い、未然に事故を防ぐ目的で行われ、ポンプ機関技術の資格取得後3年未満のポンプ機関員及び実務経験2年未満のポンプ隊員を対象に審査を実施しました。
 

6月29日(月)〜危険物取扱い施設〜
関西ペイント株式会社において消防演習を実施

救出完了、はしご隊    当署では、平成27年6月29日(月)、関西ペイント株式会社東京事業所構内において、関西ペイント自衛消防隊、日本調理器自衛消防隊、消防隊6隊、及び蒲田消防団第6分団が連携した消防演習を実施しました。
 関東地方に震度6の地震が発生し、建物1階より出火、職員数名が逃げ遅れたという想定のもと、150名の事業所職員が避難を実施し、自衛消防隊の活動強化や、消防隊との連携体制の強化を図りました。

6月26日(金)〜ブラインド形式で実施〜
平成27年救急活動訓練効果確認を実施

コメンタリードライブで安全確認  当署では、署内全9隊の救急隊とポンプ隊が連携して救急活動を行う救急活動訓練効果確認を実施しました。訓練は、複数の想定を非公開にしたブラインド形式で行い、救急隊とポンプ隊の緊密な連携、急な容態変化に対する迅速、適正かつ柔軟な救急活動の確認を行いました。
 さらにポンプ隊は3台のプロジェクターを使用し、出場指令から現場到着までの走行動画を活用したコメンタリードライブ要領を審査項目に加え、救急現場での活動審査だけでなく交通事故防止対策を含めた総合的な審査会となりました。

2へ⇒


↑このページのトップへ戻る