このページの本文へ移動
東京消防庁蒲田消防署>東京消防庁 防火防災標語

東京消防庁 防火防災標語 募集

 東京消防庁では、東京の安全と安心を呼びかける「防火防災標語」を募集しています。「防火防災標語」は「防火標語」、「防災標語」、「救急標語」、「危険物安全標語」の4部門に分かれており、2部門ずつ交互に毎年募集しています。今年は「防災標語」「危険物安全標語」を募集します。

募集要項

 応募期間 平成29年8月30日(水)から平成29年11月15日(水)まで 
 応募資格 東京消防庁管内(稲城市及び島しょ地域を除く東京都全域)に在住、在勤又は在学している方。
ただし、東京消防庁職員及び当該職員と同居の家族並びに東京消防庁管内の消防団員を除きます。 
 募集作品  「防災標語」
テーマ:家族や地域を災害から守る
・防災訓練への参加者、参加層の拡大
・地域防災の担い手の育成
・災害時の地域協力体制づくり
・首都直下地震に対する事前対策や地震時の適切な行動を呼びかかけるもの。
 「危険物安全標語」
テーマ:安全な取り扱い方法を広める
・ガソリン、軽油及び灯油について、適切な使用方法を呼びかけるもの。
・ガソリン、軽油及び灯油について、正しい消火方法を呼びかけるもの。
応募方法 @ 消防署への持ち込み
 応募用紙をダウンロードして必要事項を記入の上、東京消防庁管内の各消防署(分署、出張所を含む)に持参ください。なお、消防署にも応募用紙をご用意しています。
A はがき
  はがきに、応募作品(「防災標語」、「危険物安全標語」の別を明記)と、必要事項(郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、年齢、職業、在住・在勤・在学の別(在勤・在学の場合はその名称・学年)、連絡先電話番号)を記入し、下記の宛先に送付してください。(住所不要。郵便番号と宛名のみで届きます。)
  宛先:〒100−8119
      東京消防庁広報課 標語募集事務局
B 電子メール
 下記の東京消防庁電子メールアドレス又は蒲田消防署電子メールアドレス宛に応募作品(「防災標語」、「危険物安全標語」の別を明記)と、必要事項(郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、年齢、職業、在住・在勤・在学の別(在勤・在学の場合はその名称・学年)、連絡先電話番号を入力し送付してください。
  東京消防庁電子メールアドレス tfdinfo@tfd.metro.tokyo.jp
  蒲田消防署電子メールアドレス kamata3@tfd.metro.tokyo.jp

※応募により収集した個人情報については、適正に管理し、目的外に使用することはありません。
表彰 選考結果は平成30年3月頃決定し、ご本人に連絡するとともに東京消防庁ホームページ等で発表します。
防災標語の部
 最優秀賞 1点/賞状及び旅行券5万円分
危険物安全標語の部
 最優秀賞 1点/症状及び旅行券5万円分
応募要件 ・標語は簡潔なものとし、特殊な文字や記号は使用しないでください。
・応募作品は未発表で、ご自分で考えたものに限ります。複数の方から同一作品の応募があり、当該作品が最優秀賞となった場合は、抽選により受賞者を決定します。なお、過去に東京消防庁が使用した標語を下記に掲載していますので、ご確認ください。
・応募はお一人につき防災標語・危険物安全標語各一作品ずつとします。(複数応募は失格)
・締め切りは、平成29年11月15日(水)です。(当日消印有効)
・標語ごとに厳正な選考を行い、防災標語・危険物安全標語それぞれ最優秀作品1点を選出し、賞状及び副賞として旅行券5万円分を贈呈します。
・最優秀作品は平成30年3月頃決定し、ご本人へ連絡するとともに、東京消防庁ホームページ等で発表します。
 その他  ・最優秀作品は、東京消防庁の各種ポスター、リーフレット、イベント等で活用いたします。著作権は東京消防庁に帰属させていただきます。
・作品を使用する際には、原則として標語とともに氏名と在住、在勤又は在学について併記させていただきますのでご了承ください。

応募用紙のダウンロード(Wordファイル:21KB)

募集チラシのダウンロード(PDFファイル:247KB)

東京消防庁ホームページ「募集のお知らせへ」のリンク

過去の標語


過去の防災標語
 年 度  標 語
昭和45〜50年度 地震だ!火を消せ!!
昭和51〜61年度 地震!火を消せ!!
昭和62年度 地震!火を消せ!!
アッ地震だ!火の始末
地震火災を防ぐのはあなた!
昭和63〜平成2年度 地震 火を消せ!!
高めよう!地域ぐるみの防災行動力
平成3〜5年度 地震 火を消せ!!
みんなそろって防災訓練
−体験して自信を深めよう−
平成6〜8年度 地震 火を消せ!!
防災訓練!深まる自信 地域の輪
平成9〜11年度 経験が 自信につながる 防災訓練
−地震 火を消せ−
平成12〜14年度 住むまちを みんなで守る 地域の輪
平成15〜17年度 いつかより 今がその時 地震の備え
平成18〜19年度 家族で備え 地域で守る 強いまち
平成20〜21年度 自助共助 家庭で職場で 話し合い
平成22〜23年度 防災は 備えと意識と 助け合い
平成24〜25年度 地震時は しっかり落ち着き 身の安全
平成26〜27年度 身を守り 地域と協力 たすけあい
平成28〜29年度  防災で 守る地域と みんなの笑顔


過去の危険物安全標語
 年 度  標 語
平成2年度 “まさか”より“もしも”で守ろう 危険物
平成3年度 危険物 いつも本番 待ったなし
平成4年度 心・技・知 危険物には 真剣勝負
平成5年度 危険物 その時その場が 正念場
平成6年度 一瞬の すきも許さぬ 危険物
平成7年度 確実な 攻守がきめての 危険物
平成8年度 危険物 むき合う心 いざ集中
平成9年度 気を抜くな 扱う相手は 危険物
平成10年度 安全は 日々の気持ちの 積み重ね
平成11年度 危険物 一手先読む 確かな点検
平成12年度 危険物 守りのかなめは 保守点検
平成13年度 危険物 めざすゴールは 無災害
平成14年度 危険物 小さな油断も イエローカード
平成15年度 危険物 無事故の主役は あなたです
平成16年度 危険物 ゆるむ心の 帯しめて
平成17年度 危険物 かさねる無事故の 金メダル
平成18〜19年度 危険物 心のゆだんが 事故のもと
平成20〜21年度 不注意が 大きな事故に 危険物
平成22〜23年度 確かめよう 自分の周りの 危険物
平成24〜25年度 危険物 正しく使って 事故防止
平成26〜27年度 危険物 一人一人が 責任者
平成28〜29年度 危険物 ルールを守って 安全に
※ 危険物安全週間は平成2年に総務省(当時自治省)消防庁によって制定しています。
※ 平成2年度から平成17年度までは危険物安全週間推進標語、平成18年度からは東京消防庁が募集する防火防災標語を使用しています

↑このページのトップへ戻る