このページの本文へ移動
東京消防庁城東消防署>優良防火対象物認定表示制度

優良防火対象物認定表示制度

優良防火対象物認定表示制度(優マーク制度)

「優良防火対象物認定表示制度」(平成18年10月1日運用開始)は、建物関係者が行った防火安全対策の向上に係る自主的・意欲的な取組等を消防機関が評価し、防火安全性の高い優良な建物へと導くとともに、その結果を防火安全に関する情報として都民の皆様に提供することにより、安全・安心の確保を実現することを目的としています。平成26年4月より国際都市東京にふさわしいマークにデザインを一新し、認定期間も2年から3年となりました。

                                           


城東消防署管内では現在6つの対象物を認定しています。

建物名 所在 認定(更新)日
東京スポーツ文化館 東京都江東区夢の島2-1-3 平成28年4月4日
竹中セントラルビル 東京都江東区新砂1-1-1 平成28年4月28日
特別養護老人ホーム三井陽光苑 東京都江東区新砂3-3-37 平成28年10月14日
新木場タワー 東京都江東区新木場1-7-22 平成27年9月3日
株式会社IHI 東京湾マリーナ 東京都江東区新砂3-11-2 平成27年10月22日
大末建設株式会社 東京都江東区新砂1-7-27 平成28年11月28日

↑このページのトップへ戻る