このページの本文へ移動
東京消防庁城東消防署>平成28年中 火災発生状況・放火火災について

平成28年中 火災発生状況・放火火災について

・火災発生状況について

             平成28年中 火災発生状況 

                             ※( )内数値は対前年比です。

                   火災原因内訳


 平成28年中、城東消防署管内では、62件の火災が発生しました。前年と比較すると、火災件数は29件減少し、過去60年間で最少、火災による死者は11年ぶりに「ゼロ」を記録しました。火災原因別では、電気機器等(電気配線含む)が第1位で15件、次いで放火・放火の疑いが12件、たばこが10件となりました。
 
・放火火災について

 城東消防署では、放火火災が10年連続で火災原因第1位でしたが、皆様と共に放火火災対策に取り組んだ結果、放火火災件数を一昨年の29件から17件も減少させることができました。引き続き、放火火災対策の推進を行います。



 皆様の家の周りや建物の周囲に燃えやすいものが放置されていないか、点検をお願いします。
放火火災対策は、皆様一人ひとりの取組みが大切です。放火されない街づくりを目指しましょう!

  

         

↑このページのトップへ戻る