このページの本文へ移動
東京消防庁池袋消防署消防署紹介

消防署紹介

池袋消防署

キュータ

池袋消防署は、豊島区のうち、区中央部を南北に走るJR埼京線を境にして、西側にあたる地域を管轄しています。池袋消防署の本署は、池袋防災館及び第五消防方面本部 と合同の庁舎となっています。池袋消防署の出張所としては、長崎消防出張所及び高松消防出張所があります。


池袋消防署各消防出張所の紹介

池袋消防署

池袋消防署
豊島区西池袋二丁目37番8号
【池袋防災館(4、5階)、
第五消防方面本部(6階)
との合同庁舎です。】
TEL  03-3988-0119
FAX 03-3988-0130
【配置車両】
水槽付き小型ポンプ車×1
小型ポンプ車×1
はしご車×1
指揮隊車×1
救急車1
人員輸送車×1
査察広報車×3
非常用ポンプ車×2
非常用救急車×1
池袋消防署地図
長崎消防出張所

長崎消防出張所

豊島区長崎三丁目7番5号
TEL 03-3955-0119
FAX 03-3530-0961
【配置車両】
水槽付き小型ポンプ車×1
小型ポンプ車×1
救急車1
高松消防出張所

高松消防出張所

豊島区高松一丁目2番4号
TEL 03-3959-0119
FAX 03-3530-0931
【配置車両】
水槽付きポンプ車×1
救急車×1

消防署の歴史

昭和35年8月1日 池袋消防署開署
昭和35年9月1日 救急車の運用開始
昭和36年4月1日 長崎出張所事務開始
昭和37年6月11日 高松出張所事務開始
昭和37年12月1日 はしご車の運用開始(本署)
昭和51年1月1日 指揮隊の運用開始(本署)
昭和53年12月18日 人員輸送車運用開始(本署)
昭和61年10月30日 現在の合同庁舎での事務開始
平成4年4月13日 高松救急隊の運用開始
平成16年8月30日 池袋消防署ホームページ運用開始
平成16年12月1日 池袋特別消火中隊が発隊
平成17年4月26日 長崎出張所増改築及び長崎救急隊の運用開始
平成22年8月1日 開署50周年を迎える
平成24年4月1日 池袋特別消火中隊に代わり、高松特別消火中隊が発隊

池袋消防署配置車両

【ポンプ車】   【はしご車】
ポンプ車   はしご車

小型と普通型、それぞれに水槽付と無しの2種類の車両があります。小型車の水槽の容量は約900Lで、狭隘路での機動力が期待できます。普通型の水槽の容量は約2000Lで、小型車より放水能力と資器材の積載量等において優れています。池袋消防署には非常用の車両を含め、7台のポンプ車が配置されています。

 

火災などで、高層部分に取り残された人の救助や高所からの放水、及び警戒活動を行う車両です。はしごはマイナス角度でも伸ばすことができるため、河川などに転落した人を救出することもできます。

【指揮隊車】   【救急車】
指揮隊車   救急車

災害現場の責任者である大隊長をはじめ、指揮担当、情報担当、伝令等が乗車する車両です。現場を統括・指揮するための情報収集を行い、活動方針を決定し下命します。災害現場では、この車両に指揮本部が設置されることになります。

 

高度な救急処置ができる機材・装置が積載されており、同時に高度な救命が可能な救急救命士が乗車しています。池袋消防署には非常用の車両を含めて4台の救急車が配置されています。

【査察広報車・人員輸送車】   【池袋消防署の車両配置状況】
査察広報車・人員輸送車

災害時における現場広報や後方支援、火災原因調査に使用する車両で、無線通信設備や拡声装置を備えています。マイクロバス型の人員輸送車は、災害規模によって応援隊員が必要となる場合は、東京消防庁管轄区域を超えて災害現場へ隊員を輸送することもあります。

 
車種 池袋
消防署
(本署)
高松
出張所
長崎
出張所
水槽付き
ポンプ車
- -
水槽付き
小型ポンプ車
-
小型ポンプ車 -
はしご車 - -
指揮隊車 - -
救急車
非常用
ポンプ車
- -
非常用救急車 - -
査察広報車 - -
人員輸送車 - -
12 17

池袋消防署には、合計17台の消防車両が配置され、消防部隊の活動にその機動力を大いに発揮しています。

池袋消防署キャラクター:フクちゃん

フクちゃん 池袋消防署シンボルマーク

このシンボルマークは、平成14年豊島区区政70周年を記念して、池袋署員の帰属意識の向上と消防職員としての意識の高揚を図ることを目的に、池袋署員に対し広く募集し、決定しました。

コンセプトは、池袋駅周辺や公園に多くみられる「梟(ふくろう)」のモニュメントで、豊島区民から大変親しまれていることから、池袋の「袋(ふくろ)」と「梟(ふくろう)」を捩り、それに消防らしく防火衣を着装させ、池袋の防人として、愛称を「ふくちゃん」としました。

また、インパクトを高めるため、消防らしく水色で「池」を背景とし、さらに「I.F.S/IKEBUKURO FIRE Sta.」及び開署した年「since1960」をロゴ化しています。


↑このページのトップへ戻る