このページの本文へ移動
東京消防庁本所消防署>「平成31年春の火災予防運動」期間中に各種行事を実施しました!

「平成31年春の火災予防運動」期間中に
各種行事を実施しました


3月1日・7日  集合型自衛消防訓練
 3月1日(金)、7日(木)の2日間、集合型自衛消防訓練及び防火管理者選任指導を行いました。訓練は、広く参加を呼びかけるため、1日に昼の部を本所消防署で、7日に夜の部を繁華街地区にある施設を借用して実施し、2日間で合計89社、180名の方が参加されました。
 本所消防署の訓練では、より身近に火災の危険性を感じてもらうため、消防技術安全所の職員による火災実験の実演、実際の炎が出る消火体験装置を使っての初期消火訓練、#7119を広報しながらのAED取扱訓練、VR防災体験車の体験乗車を行いました。また、防火管理指導は7日の夜間に、夜間営業の事業所へ出向する等、積極的に是正指導を図ることができました。
 

3月4日・5日 本所防火女性の会 巡回広報
 3月4日・5日、本所防火女性の会の会員の皆様による巡回広報を実施しました。
 広報車に乗車し、会員それぞれの担当地区に分かれて、火災予防や救急受診ガイド、家具類の転倒・落下・移動防止対策等について呼びかけました。
   


 火災予防運動期間中  防火防災診断
火災予防運動期間中、管内の12町会で防火防災診断を実施しました。
各家庭に消防職員が訪問し、家庭内での火災危険を診断し、火災予防を呼びかけました。



↑このページのトップへ戻る