このページの本文へ移動
東京消防庁本郷消防署>トピックス

トピックス

最新情報を公開しています!

日時 概要 行事の様子
 平成30年4月22日(日)
本郷消防少年団進級入団式
 新入団員3名を迎えて進級入団式を執り行いました。当日は、小学生団員から中学生団員へ進級した2名の進級証、優良消防少年団員銀賞8名や、昨年度活動に皆勤で参加した2名の団員に対する皆勤賞などの交付も行いました。
 新入団員の3名は、初めて袖を通す団服を身にまとって初々しい姿も様になっていました。また、保護者や来賓の方の前で昨年の訓練成果も披露し、成長を見せることができました。
 
 平成30年2月24日(土)
ふれあいフェア(庁舎開放)
 本郷消防署の庁舎を開放して、音楽隊による演奏やカラーガーズによる演技、はしご車搭乗体験、消防お仕事体験、応急救護訓練などを行いました。
 天候にも恵まれ、470名もの方にご参加して頂きました。
 
 平成30年1月28日(日)
冬の避難所総合訓練
 寒さが厳しい中、文京区立第八中学校で千駄木三丁目南部町会、千駄木二丁目東町会、文京区職員及び協力団体300名が参加し、冬の避難所総合訓練が行われました。
  避難所の受付から始まり、居住スペースの設営、冬の寒さ対策といった冬ならではの訓練を体感しました。
 
平成30年1月26日(金)
文化財防火デーに伴う消防演習
 湯島聖堂にて文化財防火デーに伴う消防演習を行いました。
 湯島聖堂自衛消防隊による文化財の運び出し、初期消火、通報、避難誘導が行われた後、町会、消防団、消防隊と連携した一斉放水が行われ、雲一つない青空のもと、演習は大変な盛り上がりを見せました。
 
 平成30年1月21日(日)
本郷消防少年団進級試験
 本郷消防少年団が進級試験を行いました。
 小学校低学年の団員から中学生の団員まで、この一年間に培った知識と技能を試そうと通報、救急、防災、救助、消火と1級から3級まで各ジャンルの筆記と実技の試験に真剣に取り組みました。
 
 平成29年11月9日(木)〜
           11月15日(水)
秋の火災予防運動
  本郷三丁目駅や本駒込駅での街頭広報、繁華街地区の防火安全指導、飲食店に対する火災予防の呼びかけ、巡回広報などを行いました。
 町会や自治会、事業所、消防団などの皆さまのご協力を頂き、火災多発期を前に火災予防の機運を高めることができました。
 
 平成29年11月9日(木)
本郷防火のつどい
   &
1日消防署長
 文化シャッターBXホールにおいて、本郷防火のつどいを開催しました。
 第1部では防火防災に功労のあった団体・個人に表彰を行い、第2部では古今亭志ん陽師匠の防災落語と、管内の尚美ミュージックカレッジ専門学校学生による演奏会を行いました。多くの方にご参加頂いて、盛大に執り行われました。
 また、古今亭志ん陽師匠に1日消防署長を務めて頂き、防火防災広報を行いました。


 平成29年11月4日(土)
NBC災害消防演習
 秋の火災予防運動に合わせ、東京医科歯科大学病院において消防演習を行いました。
 有害物質を使ったテロが発生したとの想定で、逃げ遅れ者を救出、除染をして救急隊に引き継ぎました。同病院においては、全国の医療者を対象として、テロ災害に関する研修会が行われており、消防機関の活動を知って頂く貴重な機会となりました。
 
 平成29年8月30日(水)
消防署職業体験
 入庁希望の学生を対象とした職業体験を行い、17名の学生等が参加しました。
 座談会や採用担当者による説明会では、志望動機や採用試験対策、入庁後の訓練のことなど様々な質問が出ていました。
 また、当署に配置されている化学機動中隊の防護衣やポンプ隊の防火衣の着装体験を行いました。
 
 平成29年8月27日(日)
文京区防災フェスタ
  消防のほか、警察や自衛隊等多数の機関が参加した防災イベントが行われました。
 仕事紹介コーナーや救急体験、まちかど防災訓練車を用いた放水訓練などが行われ、親子連れなど約1800人が訪れ、盛大なイベントとなりました。
 
 平成29年7月13日(木)
留学生を対象とした防災訓練
  アジア文化会館において、アジア各国からの留学生約280人を対象に防災訓練を行いました。
 避難訓練や初期消火訓練、熱中症への対応などを行い、参加者はとても熱心に話を聞き、訓練に取り組んでいました。
 
 平成29年7月11日-13日(木)
英会話教養
  英会話学校から外国語講師を招き、全署員を対象とした英会話教養を行いました。
 本郷消防署では、年間を通じて様々な形で英会話教養を行っており、来る2020オリンピック・パラリンピック大会、2019ラグビーワールドカップなどの国際的行事に備えていく予定です。
 
 平成29年7月7日(金)
化学機動中隊消防活動技術効果確認
  メッキ工場の配管から毒劇物が漏えいし、要救助者が発生したとの想定で効果確認を行いました。
 当署には特殊災害対策車が配置されており、専門部隊である化学機動中隊が、平素から毒劇物等の化学災害への対応要領の習熟を図っています。
 
平成29年7月7日(金)
指揮隊・梯子小隊消防活動技術効果確認
  高層建物において火災が発生し上階に要救助者が数名いるとの想定で効果確認を行いました。
 指揮隊と梯子小隊が連携して活動を行い、日頃の訓練成果を競いました。
 
 平成29年6月11日(日)
本郷消防団消防操法大会
  東京大学構内において、本郷消防団各分団によるポンプ操法大会を行いました。
 多数の来賓、町会、家族の盛大な応援の中、各分団とも日ごろの訓練の成果を発揮して、士気旺盛かつ規律正しい操法を披露しました。今年は、第4分団が優勝しました。
 
平成29年6月9日(金)
救急活動技術効果確認
 管内の大学病院など関係各機関から多数の方々に見学して頂き、現場さながらの緊張感の中で、各隊は日頃の訓練成果を十分に発揮することができました。
 今後も活動能力の向上とバイスインダーとの連携を図り、救命率の向上に努めてまいります。
平成29年6月4日(日)-10日(土)
危険物安全週間
 管内の大規模病院施設における安全パトロールや、ガソリンスタンドへの立入検査、危険物実務講習会の開催や、危険物保安功労者に対する表彰を行いました。
 危険物安全について多くの方に理解を深めていただく良い機会となりました。
平成29年6月2日(金)
ポンプ中隊・特別消火中隊消防活動技術効果確認
 本郷消防署の各隊が消防活動技術の効果確認を行いました。各隊とも訓練で積み重ねてきた技術とチームワークを余すところなく発揮することができました。
 これからも災害に備え、隊員一人一人が、更なる知識・技術の向上を目指していきたいと思います。

↑このページのトップへ戻る