このページの本文へ移動
東京消防庁光が丘消防署光が丘ニュース平成28年度 練馬区内消防団合同点検を実施

平成28年度 練馬区内消防団合同点検を実施

 

光が丘消防署

 

平成28年度練馬区内消防団合同点検が、平成28年9月17日(土)の10時00分から、都立石神井公園(練馬区石神井町五丁目17番1号)で開催されました。


合同点検とは、消防団員が普段から行っている各種訓練の成果や、消防団員としての規律行動を点検者が確認し、都民の方々に消防団への理解を深めていただくことを目的に実施しています。
 今年は東京消防庁消防総監が点検者を務め、各消防団の部隊検閲が行われました。


今回は、東京地方に震度6強の地震が発生したという想定で行い、災害救助犬が倒壊した家屋の中から要救助者を見つけ、消防団はチェーンソーを活用し要救助者を助け出す訓練が披露されました。
 また、最後は地震により発生した大規模な火災を全消防団員による一斉放水で消火し、今年の消防団合同点検を締めくくりました。


活動を見ていた住民からは「非常に頼もしく、心強い。今後とも地域の安心、安全を守ってくれる活躍を期待しています。」との声が多く聞かれました。


現在、光が丘消防団は更なる地域の防災力向上を推進していくために消防団員の募集を行っています。

消防団についてもっと知りたい、やって見たいという方は、光が丘消防署まで問い合わせ下さい。
    

    


↑このページのトップへ戻る