このページの本文へ移動
東京消防庁東村山消防署本署・出張所のご案内沿革・部隊

沿革・部隊

昭和39年4月1日 東村山市制施行に伴い、東村山市消防本部、東村山消防署を新設し、消防事務を開始。
昭和39年10月15日 東村山市医師会から救急車1台の寄贈を受け、救急事務を開始。
昭和40年2月3日 ポンプ車1台が配置。
昭和40年7月29日 東村山市消防本部、東村山消防署庁舎が竣工。(東村山市本町一丁目552番地)
昭和41年6月22日 指揮車が配置。
昭和42年10月15日 ポンプ車1台が配置となる。(ポンプ車3台、救急車1台)
昭和45年4月1日 東京都へ事務委託となり、東京消防庁東村山消防署として消防事務を開始。
昭和47年3月21日 秋津出張所庁舎竣工。
昭和47年3月25日 本署に化学車1台が配置。
昭和47年4月1日 秋津出張所事務開始。
昭和55年9月24日 東村山消防署新庁舎落成事務開始となる。人員輸送車1台が配置となる。(東村山市美住町二丁目28番地16) 本町出張所事務開始となる。(旧東村山消防署庁舎)
昭和62年6月6日 松寿園火災が発生。(火災による死者17名)
平成4年3月13日 「火災による死者ゼロ1500日」達成。
平成5年7月15日 「火災による死者ゼロ2000日」達成。
平成6年4月1日 東村山消防署開署30年。
平成7年1月17日 兵庫県南部地震が発生。東京消防庁応援派遣隊に当署職員1名派遣。
平成7年4月1日 東村山2小隊が運用開始(東村山特化小隊と切替運用)。
平成11年3月15日 化学機動中隊の質量分析装置が運用開始。
平成14年10月16日 「火災による死者ゼロ1,000日」達成。
平成16年4月1日 東村山消防署開署40年。
平成16年4月1日 東村山市議会で東村山防災ルール(3つの備え4つの行動)が決議。
平成17年8月23日 本町中隊が特別消火中隊として運用開始。
平成20年1月25日 文化財防火デー、庁消防演習を国宝正福寺地蔵堂で実施。
平成22年11月28日 東村山消防少年団創立30周年。
平成23年3月11日 東日本大震災発災。東京震度5強。東村山管内震度5強。
平成25年10月16日 東京都大島町土砂災害。広域応援派遣第25次派遣隊として当署職員4名派遣。
平成26年4月1日 東村山消防署開署50年。
平成26年11月30日 開署50周年記念式典(東村山中央公園)を実施。
平成26年12月31日 焼損床面積65平方メートルで開署以来最少。
平成27年11月28日 「火災による死者ゼロ1000日」を達成

↑このページのトップへ戻る