このページの本文へ移動
東京消防庁東村山消防署東村山ニュース緊急!!暖房器具によりエアゾール缶が熱せられ破裂した火災

緊急!!暖房器具によりエアゾール缶が熱せられ破裂した火災

>緊急!!暖房器具によりエアゾール缶が熱せられた火災

暖房器具の近くにエアゾール缶を置いた結果、火災に!!

平成30年2月、東村山市内で石油ファンヒーターの近くにエアゾール缶が置かれていたため、熱でエアゾール缶が破裂し、噴出したガスが石油ファンヒーターの火に引火する火災が発生しました。
例年、エアゾール缶などに係わる火災は暖房器具や簡易型ガスこんろを使用する冬の季節に多く発生しています。

火災を防ぐために

1.エアゾール缶等はガステーブルや暖房器具の周囲など、高温となる場所には置かないようにしましょう。
2.東村山市内でエアソール缶等を廃棄する場合は、中身を使い切り、必ず使い切ってからびん・かんの収集日に、透明・半透明の袋に入れて出してください。捨て方についてはこちらをクリックしてください。
3.様々な暖房器具の中でも電気ストーブ火災の約80%は11月から3月までに発生します。電気ストーブ等の安全な取扱いについては、こちらをクリックしてください。
東村山消防署 予防課 防火査察係
電話042(391)0119(代表) 内線 510 520

↑このページのトップへ戻る