このページの本文へ移動
東京消防庁東村山消防署東村山ニュース>ホットニュース>ごみ収集車両の火災が連続して発生しました。

ごみ収集車両の火災が連続して発生しました。

東村山市内で、9月13日及び9月20日に燃やせないごみの収集日にごみ収集車両から火災が発生しました。
ごみ収集車両から火災ごみ収集車両から火災

ごみ収集車両が火災になると・・・

・周囲の方及び周辺の住宅に被害が及ぶ可能性があり、大変危険です。

・ごみ収集車両の損傷により、ごみの収集に大幅な遅れをきたすばかりか、ごみ収集員が怪我等をする恐れがあります。

ごみ収集車両の火災の主な原因

・ごみ収集車両の火災の主な原因は、中身の残ったスプレー缶、ガスライター及びカセットガスボンベです。

・スプレー缶、ガスライター及びカセットガスボンベ等の中には可燃性ガスが含まれています。中身が残ったままのスプレー缶、ガスライター及びカセットガスボンベをごみ収集車両で収集すると、缶が圧縮されてガスが漏れ、何らかの原因により発生した火花に引火して、火災につながります。

・ごみの収集日及び捨て方について、詳しくは、東村山市役所のホームページのこちらをクリックしてください。

東村山消防署 予防課 防火査察係
電話042(391)0119(代表) 内線 510 520

↑このページのトップへ戻る