このページの本文へ移動
東京消防庁東村山消防署東村山ニュースホットニュース>平成30年度危険物安全週間>

<平成30年度危険物安全週間>

平成30年6月3日(日)から9日(土)まで。「知っておこう くらしの中の 危険物」(平成30年度東京消防庁危険物安全標語 作者 鈴木太佳雄さん 羽村市在住)
 
 いよいよ夏祭りの季節ですね。楽しい夏祭りにも数多くの危険が潜んでいます。例えば焼きそばやフランクフルトを売っている露店では火気が使用されて火災の危険があります。正しく使用しお祭りに訪れた方も火気の怖さを知っておくことで火災の危険を未然に防ぎましょう。

楽しい夏祭りにするために下記の注意事項を守りましょう。

(1)消火器の準備

 万が一のときに、適切に消火できるように消火器を準備しましょう。錆びていたり、変形していたりする消火器は使わないでください。 錆びたり、変形しているものは使わない。

(2)カセットこんろは正しく使う!

 カセットこんろより大きな鍋を載せたり、こんろを並べて使わないでください。ボンベが破裂して爆発する危険があります。 また、燃料ボンベは容器の切り込み部分を本体容器受けガイドの突起部分に正しく合わせて取り付けてください。ガスが漏れて引火する危険があります。

 万が一のときに、適切に消火できるように消火器を準備しましょう。錆びていたり、変形していたりする消火器は使わないでください。
カセットこんろより大きな鍋を載せたり、こんろを並べて使わない。 
  切り込みを突起部分に合わせて取り付ける。

(3)ホースの差し込み、ボンベの固定はしっかりと!

ガス器具のホースはしっかり差し込み、バンドなどで締めましょう。 ホースの差し込みが足りないと、ガスが漏れて引火するおそれがあります。

しっかり差し込み、固定されている。   差し込みが足りない。接続部分を締めつけていない。
十分に差し込んでいる。接続部分を締め付けている。 差し込みが足りない。接続部分を締めつけていない

ガスボンベが転倒するとガスが漏れるなどの危険があります。転倒しないようにしっかりと固定してください。

ビニールで固定。  ブロックで固定。 物を引っ掛けない。
ビニールで固定   ブロックで固定  物を引っ掛けない

(4)器具の周りは整理整頓!

器具の周りは整頓をし、ダンボールなどの燃えるものを近くに置いたり、不安定な状態で使ったりしないようにしてください。

ダンボールなどの燃えるものを近くに置かない。 不安定な状態で使わない。
ダンボールなどの燃えるものを近くに置かない。 不安定な状態で使わない。

(5)設置方法をしっかり把握!

器具の設置方法を正しく理解しましょう。設置方法を間違えると、可燃物との安全な距離が保てず、火災となる恐れがあります。

バーナーは上向きに設置。 バーナーは下向きに設置しない。
バーナーは上向きに設置。 バーナーは下向きに設置しない。

(6)十分に冷ます!

フライヤーを使うときには、揚げかすに熱がこもらないように、重ねて多量に放置しないようにしましょう。

揚げかすは多量に集めない。排油は油が十分冷めてから行う。  揚げかすは多量に集めない。
排油は油が十分冷めてから行う。

(7)ガソリンの適正管理!

ガソリン携行缶は高温部(使用中の発電機など)の近くや直射日光のあたる所に置かないでください。

ガソリン携行缶は高温部(使用中の発電機など)の近くや直射日光のあたる所に置かない

(8)照明器具は可燃物から離す!

熱を発生する照明器具等を装飾品、木板等の可燃物に近接して設けないでください。

 熱を発生する照明器具等を装飾品、木板等の可燃物に近接して設けない。

屋外催し中の事故


屋外の花火大会で、露店用に使用していた発電機にガソリンを入れようとしたところ、容器から噴き出したガソリンやその蒸気に引火し、火災となり死傷者が発生しました。

火気を使用する露店等を開設する場合や、特に大規模な屋外催しを行う場合には、消火器の準備や消防署への届出等が必要となります。

お祭りや縁日、花火大会など多くの人が集まる催しの場合


火気器具を使用するときには消火器を準備しましょう。
調理器具や発電機など火気器具を使うときには消火器を準備してください。
 火気器具を使用するときには消火器を準備しましょう。 調理器具や発電機など火気器具を使うときには消火器を準備してください。

露店等の開設を届出しましょう。
露店等で火気を使用する場合には、露店等の開設の3日前までに消防署長に届出てください。
 露店等の開設を届出しましょう。露店等で火気を使用する場合には、露店等の開設の3日前までに消防署長に届出てください。

こんなものが危険物!!


日常生活で使用するものには、危険物の入った製品が多く存在します。
下記のこんなものまで危険物になっています。
下記のものの取り扱いを誤ると事故発生の危険性が高まりますので、適切な取扱いを心掛けましょう。

ガソリン 灯油  マニュキア除光液 合成樹脂塗料、ラッカーシンナー
ガソリン 灯油 マニュキア、除光液 合成樹脂塗料、ラッカーシンナー
高濃度アルコール 消毒用スプレー アロマオイル 防水スプレー
高濃度アルコール 消毒用スプレー アロマオイル 防水スプレー

手指消毒用アルコールスプレーによる事故


ガスこんろを、消毒用アルコールを用いて清掃していたところ、誤ってアルコールをガスこんろ上に落とし、ガスこんろの火が消毒用アルコールに燃え移り、火災になりました。
問合せ先 東村山消防署 予防課 
電話042(391)0119(代表)

↑このページのトップへ戻る