このページの本文へ移動
東京消防庁八王子消防署>熱中症に気をつけよう!

熱中症に気をつけよう!

これからの季節、ご用心!


熱中症とは
 急激な温度変化に身体が対応できず、高体温や水分及び塩分の喪失によって発症する障害の総称です。
主な症状
 重症度(低):めまい、失神、筋肉痛・筋肉の硬直(こむら返り)、大量の汗など
 重症度(中):頭痛、気分が悪い、吐き気、嘔吐、力が入らないなど
 重症度(高):意識障害、全身のけいれん、歩けない、まっすぐ走れない高体温など

 熱中症は、毎年7月、8月の発生が多いですが、梅雨時期の6月も熱中症によって救急車で運ばれるケースが発生しています。
 以下のポイントを心がけて、梅雨そして夏を元気に過ごしていきましょう。

帽子や日傘で日差し対策をしよう!
     ~日陰を歩こう~

部屋の中は風通し良くしよう!
     ~上手にエアコンも使いましょう~

早めにこまめに水分補給しよう!
     ~無理をしないでひと休みしましょう~

  
                                
 

↑このページのトップへ戻る