このページの本文へ移動
東京消防庁八王子消防署>トピックス

トピックス

「天かす」からの火災にご注意!

八王子消防署管内の飲食店で深夜3時頃、調理後の「天かす」  から出火し、厨房部分70uが焼損した火災が発生しました。

出火原因は、フライヤーを使用した際に発生した揚げかすを、厨房内に存置された直径32.5cm、深さ31cmの寸胴鍋に入れ放置したため、鍋内で余熱発火し火災に至ったものです。

熱を持った天かすの油分は空気中の酸素に触れると発熱する 性質があり、揚げたての天かすを山積みしているような場合は、中心部にこもった熱が逃げられず、高熱による酸化が進みさらに温度上昇し、自然発火する可能性が高くなります。

なんと出火しやすい時間帯は就寝中!

発火することが多いのは夜中や無人のときの就寝中です!

夜中など無人のときや就寝しているときに発火する可能性が極めて高く、揚げかす、天かすは適正な処理が必要になっています。

発火防止対策

  1. 容器の確認
    「天かす」は熱がこもります。通気性のよい容器を使用しましょう。
  2. 天かすを大量に溜めない
    「天かす」は平たく置くなど、熱がこもりにくい状態で処理しましょう。
  3. 捨てる前に十分冷やす
    「天かす」を捨てる際には、水をまんべんなく全体にかけてください。
    また最後に十分に冷えていることを確認しましょう。
  4. 最後の処理まで油断しない
    油ものを調理したあとは、お店も家庭も最後の処理まで油断しないでください。

金ざる内で天かすが焼損した火災
金ざる内で天かすが焼損した火災
ざる内の天かす全てが焼損している
ざる内の天かす全てが焼損している
天かす火災により厨房全体が焼損した建物火災
天かす火災により厨房全体が焼損した建物火災

山火事・山の事故に気をつけよう!

山火事・山の事故防止キャンペーン
「ありがとう」「お疲れ様です!」
山火事・山の事故防止キャンペーンにて

毎年、春、秋の行楽シーズンを前に「山火事防止・山の事故防止キャンペーン」を実施して、シーズン中の高尾山における火事や救急などの事故防止を呼びかけています。

山の人気とともに、山で事故に遭われるケースも急上昇しています。身近な山ですが、無理な計画は禁物です。

皆さんもケガのないよう、高尾山を楽しんで下さいね。

山火事防止の看板と消火用水の設置

毎年、秋と春に実施する高尾山周辺の山林警防調査にあわせ、八王子消防署では八王子山火事防止協議会と協力して、山火事防止を呼びかける看板と、消火用水のタンクを設置を行っています。

  • 山火事・山の事故に気をつけよう
  • 山火事・山の事故に気をつけよう

住宅用火災警報器の設置促進

平成22年4月1日から既存の住宅にも設置が義務になりました!

ぜひ!安全安心のためにも、住宅用火災警報器を早めに設置しましょう!

八王子消防署では住宅用火災警報器の設置推進本部を設置し、市民のみなさんにどんどん住宅用火災警報器をアピールしています。

住宅用火災警報器についてのご質問は・・・

八王子消防署

防災係まで 042−625−0119 内線321

ゴミ収集車から火災発生!?

ゴミ収集車

不燃ゴミの回収日に
ゴミ収集車からの火災が多く発生しています。

その多くは、ゴミとして出されたエアゾール缶やライターの中に可燃性ガスが残っていたため、収集の際、清掃車内での圧縮により、金属が擦り合い、発生した火花で、スプレー缶等から漏れた可燃性ガスに引火し、火災が発生したものと思われます。

エアゾール缶やカセットボンベ、ライターを廃棄する時は
「中身のガスを必ず使い切り」捨てましょう!

イラスト:エアゾールは使いきって廃棄

カセットボンベは器具に装着し、しっかり最後まで使い切りましょう。

スプレー缶などにガスが残っている時は、屋外など風通しのよいところで放出し、中身をしっかり使い切りましょう。

穴を開けるのは危険!

スプレー缶等に入っているガスは可燃性のものが多く、ガステーブルの近くや、暖房器具を使用している場所で缶に穴を開けると、残ったガスが噴出し、引火することがあり、大変危険です!


↑このページのトップへ戻る