このページの本文へ移動
東京消防庁八王子消防署ニュース>応急手当奨励制度

応急手当奨励制度

応急手当奨励制度とは・・・

 事務所、駅ビル、商店街などの人が多く集まる事業所等で、急病人、けが人が発生した場合に、救命講習を受講している人がその場にいれば、速やかに対応することが可能です。そのような体制づくりのため、一定の要件を満たしている事業所や商店街等に対して「救命講習受講優良証」や「優良マーク」を交付し、ホームページで事業所等の名称を公表し、安心安全な事業所・商店街等であることを都民に知らせます。

 下記の交付要件を満たしている事業所や商店街等に対して、消防署長が救命講習受講優良証、優良マークを交付します。
<交付要件>
1.事業所や商店街、地域等で、救命講習の普及を推進する人(応急手当普及員など)が養成され、救命講習の普及に活用されていること。
2.交付対象ごとに、総数(従業員数等)の30パーセント以上が、有効期限内にある救命講習修了者であること。




<申請要領>
  所定の用紙「救命講習受講優良証(交付・返納)申請書」に必要事項を記入し、救命講習の受講者名簿(任意の様式)を添えて、提出してください。


問合せおよび提出先
八王子消防署救急係普及担当 (電話 042−625−0119)
みなみ野出張所救急担当 (電話042−664−0119)


↑このページのトップへ戻る