TOP > 災害情報

災害情報 
平成25年中の火災状況  過去5年間の統計

 このコーナーでは、府中市内の災害状況を掲載しています。

                     → 東京消防庁管内の災害状況はこちら

区切り線


  平成25年中の災害状況   

火 災 件 数 82
内訳 建物火災 小計 42
全焼  5
半焼  1
部分焼  8
ぼや 28
車両
その他 36
焼損床面積 826平方メートル
焼損表面積 185平方メートル
死傷者 死者 1名
傷者 21

救 助 件数   483
緊急確認    101
危険排除    85
PA連携活動 3,000

救急出場件数 12,985
救急救護人員 11,308




上矢印 このページのトップへ

区切り線

平成25年中の火災状況

  平成25年中、市内では82件の火災が発生しました。昨年に比べ3件減少していますが、焼損床面積は826平方メートルで、昨年に比べ496平方メートル増加しています。
 焼損表面積にあっては、185平方メートルで昨年に比べ149平方メートル減少しています。
 なお、昨年の特徴として焼損床面積が多く、東京消防庁全体でも8番目でした。昨年の火災全体に占める放火火災の割合が、23.1%(19件)と、過去10年間で最も少ない割合となっています。
 
みなさまの大切な命や財産を守るため、住宅用火災警報器をまだ設置していないお宅では早期に設置をしていただくようお願いいたします。また、既に設置しているお宅では、定期的な点検やお手入れをお願いします。                                                 

  リストマーク 住宅用火災警報器 へ



主な出火原因

 平成25年 平成24年 平成23年









放火(疑いを含む)  19 37 48
電気関係  15 17
たばこ  13
ガステーブル等  12
その他(不明を含む)  23 26 24


 出火原因別でみると、第1位は『放火』、第2位は『電気関係』、第3位は『たばこ』、『ガステーブル等』となっています。 
 火災を防ぐため、それぞれの対策を確認しましょう。

                          リストマーク 火災を防ごう へ


上矢印 このページのトップへ

区切り線

過去5年間の統計

過去5年間、府中市の火災・救急救護人員等
年 別 火災件数 火災種別 焼損床面積 火災による死者 火災による傷者 救急救護人員
建物 車両 その他
平成21年 73 34 3 36 694 1 13 10,127
平成22年 74 35 6 33 541 4 7 10,391
平成23年 107 39 6 62 284 22 10,598
平成24年 85 36 11 38 330 0 11 10,890
 平成25年 82 42 4 36 826 1 21 11,308


上矢印 このページのトップへ