このページの本文へ移動
東京消防庁府中消防署インフォメーション

インフォメーション

お知らせ

消防防災マガジンの配信を開始しました!

 府中消防署では、災害情報や防火防災に関する動きなどの情報を配信する、消防防災マガジンのメール配信を開始しました。

画像:消防マガジン登録用QRコード パソコンかスマートフォンよりお申し込みができます。携帯電話ではご覧いただくことができません。
 お申し込みは、右のQRコードを読み込み、メールを送信するか、fucyu2@tfd.metro.tokyo.jpあてに、件名:「消防防災マガジン申込み」として、事業所名等及びご担当者名を記載の上、配信を希望されるメールアドレスよりお送りください。
(※ご提供いただいた個人情報は、消防防災マガジンの運営及び配信のみに使用します。上記利用目的に同意の上でお申込みいただけますようお願いします。)

東京消防フォト甲子園作品を大募集しています!

東京国際消防防災展2018のイベント企画として、高校生等を対象とした消防・防災をテーマとした写真コンテストを実施しています。詳しくはこちらのページから

イベント

8月5日(土)、府中消防ボランティア訓練を実施しました。

画像:府中消防ボランティア訓練を実施1
画像:府中消防ボランティア訓練を実施2

平成29年8月5日(土)、府中消防署栄町出張所裏庭において、東京消防庁災害時支援ボランティアの訓練を行いました。
 訓練内容は、スタンドパイプ取扱い訓練、放水訓練、消火器の取扱い訓練、倒壊建物からの救出訓練、搬送訓練及び応急救護訓練です。

府中消防署では現在、252名の災害時支援ボランティアの方が、地域の防災リーダーとして活動されています。今後も定期的に訓練を行っていきますので、興味のある方は、是非登録をよろしくお願いします。
⇒登録方法はこちらのページからご確認ください。

災害時支援ボランティアに登録されている方にお知らせします。
 府中消防署からのお知らせや、訓練参加の依頼等に、電子メール(ボランティアメール)を活用させていただいております。
 一度登録していただくと、消防署から災害時支援ボランティアの方への連絡事項をスムーズに受け取ることができますので、是非Vメールへの登録をよろしくお願いします。


7月28日〜30日、「第67回はたらく消防の写生会」入賞作品展を実施しました。

画像:はたらく消防の写生会作品展を実施1 画像:はたらく消防の写生会作品展を実施2
画像:はたらく消防の写生会作品展を実施3 画像:はたらく消防の写生会作品展を実施4
画像:はたらく消防の写生会作品展を実施5 画像:はたらく消防の写生会作品展を実施6

7月28日〜30日までの3日間、府中市美術館市民ギャラリーにおいて、
「第67回はらたく消防の写生会」入賞作品展を行いました。
 今年は府中市内から小・中学生計2479名が写生会に参加し、50名が優秀賞に選ばれ、入選賞に127名が選ばれた作品を三日間展示しました。
 作品展には昨年を上回る計1326名の方がお越しいただきました。
 ありがとうございます。
 選ばれた作品の前でミニ防火衣を着て、家族や友達と一緒に記念撮影し、作品が入賞したことを喜びあっていました。


朝日出張所で中学生の職場体験を実施しました。

画像:朝日出張所で中学生の職場体験を実施1 画像:朝日出張所で中学生の職場体験を実施2
画像:朝日出張所で中学生の職場体験を実施3 画像:朝日出張所で中学生の職場体験を実施4
画像:朝日出張所で中学生の職場体験を実施5 画像:朝日出張所で中学生の職場体験を実施6

 東京都で「わくわくWeek Tokyo(中学生の職場体験)」を推進しており、平成29年7月3日から7日までの5日間、府中市立第二中学校2年生の6名に対して、消防訓練や救急訓練、体力錬成など消防署の職場体験を朝日出張所で実施しました。
 この職場体験を通じて、消防業務についての理解と防火防災に関する知識について学ぶことができる貴重な経験が出来ました。


平成29年度自衛消防訓練審査会を実施しました。

画像:平成29年度自衛消防審査会を実施1 画像:平成29年度自衛消防審査会を実施2
画像:平成29年度自衛消防審査会を実施3 画像:平成29年度自衛消防審査会を実施4
画像:平成29年度自衛消防審査会を実施5 画像:平成29年度自衛消防審査会を実施6
画像:平成29年度自衛消防審査会を実施7 画像:平成29年度自衛消防審査会を実施8
画像:平成29年度自衛消防審査会を実施9 画像:平成29年度自衛消防審査会を実施10

 平成29年6月30日(金)、府中市陸上競技場で平成29年度自衛消防訓練審査会を実施しました。
 審査会では計42隊出場し、各事業所内にて火災が発生したという想定で、一連の自衛消防隊の活動技術を審査しました。
どの出場隊も士気旺盛で日頃の訓練成果を発揮し、各事業所の安全安心に繋がる素晴らしい自衛消防審査会となりました。    

  

上位表彰隊は下記の通りです。

Aグループ
(条例)
  • 1位:株式会社東芝府中事業所自衛消防隊
  • 2位:サントリー武蔵野ビール工場自衛消防隊B隊
  • 3位:サントリー武蔵野ビール工場自衛消防隊A隊
Bグループ
(警備保障関係)
  • 1位:航空自衛隊府中基地男子自衛消防隊
  • 2位:東芝セキュリティー株式会社府中事業所自衛消防隊
  • 3位:日本銀行府中分館自衛消防隊
Cグループ
(一般事業所)
  • 1位:府中市役所男子自衛消防隊
  • 2位:府中刑務所自衛消防隊
  • 3位:あおぞら銀行府中別館自衛消防隊
Dグループ
(女子隊)
  • 1位:航空自衛隊府中基地女子自衛消防隊
  • 2位:府中市役所女子自衛消防隊
  • 3位:大國魂神社自衛消防隊

是政出張所で庁舎見学を実施しました。

是政出張所では3月1日(水)〜3日(金)と7日(火)に園児たちを対象に庁舎見学を実施しました。庁舎見学に来てくれたのは、にじのいろ保育園、山手保育園、白百合第二幼稚園、是政保育園です。
  庁舎見学では、紙芝居や訓練を見学してもらい、消防車展示や煙体験ハウスで煙の中での避難を体験してもらいました。
 各日ともに、消防車や消防士を間近で見ることができ、とても嬉しそうにしていました。
写真:コンサートの様子 写真:コンサートの様子 写真:コンサートの様子 写真:コンサートの様子
写真:コンサートの様子 写真:コンサートの様子 写真:コンサートの様子 写真:コンサートの様子
写真:コンサートの様子 写真:コンサートの様子 写真:コンサートの様子 写真:コンサートの様子
左 白百合第二幼稚園 右 山手保育園

第11回火災予防コンサートin府中を実施しました。

写真:コンサートの様子 写真:コンサートの様子
写真:コンサートの様子 写真:コンサートの様子
写真:コンサートの様子 写真:コンサートの様子
   
3月1日(水)から7日(火)まで春の火災予防運動を実施しています。府中消防署では3月5日(日)にフォーリス1階「光と風の広場」にて第11回火災予防コンサートin府中を実施しました。 このイベントは府中市を中心に活動している3つの楽団(コスモス・ベアーズ、NEC府中吹奏楽団、東芝府中吹奏楽団)による演奏と合わせて、火災予防を呼びかけるコンサートです。
 今年で11回目の開催となり、素敵な音色に年齢性別問わず多くの方が来場して大盛況でした。演奏の間に、楽団の方と消防職員が防火・防災に関する掛け合いを行い、キュータ君を交えて火災予防の啓発を行いしました。
 また、屋外では消防相談・体験コーナーを開設し、「家具の転倒防止器具の模型の展示」や「模擬消火体験」のコーナーと「ミニ防火衣着装体験」や「消防車両乗車体験」などのコーナーがあり、大人から子どもまで多くの方が来場して大盛況でした。 ご来場ありがとうございました。

文化財防火デーに伴い、消防訓練を実施しました。

写真:消防訓練の様子    
文化財防火デーは、昭和24年1月26日に法隆寺金堂壁画が火災により焼失したことを契機として、文化財を火災等から守ることを目的に昭和30年に制定さられました。府中市にも文化財が多数あります。
 文化財防火デーにあわせて、府中消防署では1月26日(木)に府中市郷土の森博物館で、1月28日(土)には上染谷不動尊で、それぞれ国や都の指定文化財を対象とした消防訓練を実施しました。
 各訓練ともに近隣の保育園児や来館者等多くの皆様がご観覧いただきました。

朝日出張所新庁舎落成式を挙行しました!

 府中消防署では、11月27日(日)、朝日町3丁目13番地で建設していた朝日出張所の新築工事を完了し、新庁舎において落成式を挙行しました。
 新庁舎には、市民の皆様に有効に利用していただくため、従来の施設の他に、新たに防災教室が設けられ、地域防災の拠点として平成28年12月13日(火)から事務を開始します。

画像:朝日出張所落成式

府中刑務所文化祭で展示をしました!

写真:炊き出し訓練の様子  

11月3日(木)、府中刑務所(府中市晴見町4丁目10番地)で行われた「第41回府中刑務所文化祭」において消防広報を実施しました。
消防署広報ブースでは、11月9日から始まる秋の火災予防運動に関する広報や防火防災標語の公募等を行いました。また、ポンプ車の乗車体験やミニカーの操縦体験ができ、行列が出来る程の盛況ぶりでした。
天気も良く多くの方々がイベントに訪れ、消防署広報ブースにも大勢の来場者が訪れました。

府中消防少年団がキャンプ場で訓練を行いました!

写真:炊き出し訓練の様子  7月31日(日)、8月1日(月)に、府中市青少年キャンプ場(府中市四谷6丁目54番)において、府中消防少年団の野外活動が行われました。府中消防少年団は、毎月1回、府中消防署で活動していますが、この日は小学1年生から高校2年生までの消防少年団員50名が参加し、キャンプ場でしかできない訓練を行いました。炎天下での長距離歩行訓練やロープを使った訓練では、体力面、技術面、精神面が鍛えられました。夕食では、釜戸での火起こしから盛り付けまで、全ての作業を団員全員が協力して行い、おいしいカレーライスを作りました。  
 府中消防少年団では、このような野外活動を1年に1回実施し、団結力を深めています。

表彰・交付

救急業務協力者に東京消防庁救急部長及び府中消防署長感謝状贈呈式を行いました。

    
画像:救急部長感謝状伝達の様子
画像:府中消防署長感謝状贈呈の様子1
画像:府中消防署長感謝状贈呈の様子2

 9月8日(金)、府中消防署防災教室において感謝状贈呈式を行いました。
 これは、日頃から救急行政に深いご理解をいただき、傷病者の積極的な受け入れに取り組んでいただいている医療機関や、救急業務に関する広報活動にご協力いただいている事業所、救命講習の受講や指導を積極的に推進し、応急手当の普及功労が大きい事業所や団体、個人に対し、東京消防庁救急部長感謝状及び府中消防署長感謝状を贈呈するものです。
 本年度は下記の事業所等にそれぞれ感謝状を伝達・贈呈されました。

救急部長感謝状(敬称略)
府中消防署長感謝状(敬称略)

救命講習受講優良証を贈呈しました。

画像:明星小学校に優良者証明書を贈呈
画像:さくらんぼ保育園に優良者証明書を贈呈

 平成29年9月5日(火)及び6日(水)、明星小学校とさくらんぼ保育園の方に救命講習受講優良証を贈呈しました。
 この救命講習受講優良証明は、事業所等の団体において応急手当の普及啓発に関する認識を高め、実効性のある応急救護体制づくりを組織的に推進し、救命講習受講者の増進等、成果をあげたことに対して、贈呈したものです。
 優良者証明書贈呈における基準については、救命講習等の普及活動を行っている応急手当指導員又は応急手当普及員を1名以上有し、事業所等の構成員の30パーセント以上の方が有効な救命技術を保有しているなどの条件を満たした際に贈呈します。

 なお、府中消防署では定期的に普通救命講習を行っています。
  詳しい内容や日程はこちらをクリックしてください。


救助活動に協力してくれた高校生5名に表彰状を贈呈しました。

写真:感謝状贈呈後の記念写真

12月21日(水)府中消防署 署長室において、軽自動車の下敷きになっている女性を協力して救助した東京都都立農業高等学校の5名に感謝状を贈呈しました。
11月9日(水)13時頃、府中市内の交差点で軽自動車と自転車が接触した交通事故で、軽自動車の下敷きになっている女性を付近を通りかかった都立農業高等学校1年生の5名が協力して軽自動車を持ち上げて救出し119番通報をしてくれました。
高校生5名の勇気ある行動に感謝し、新井署長から消防総監感謝状が贈呈されました。

火災予防業務協力者表彰式を実施しました。

写真:火災予防業務協力者

11月9日(水)、中央文化センターのひばりホール(府中市府中町2丁目25番地)において火災予防業務協力者表彰式を実施しました。この表彰式は、平素から消防行政に積極的にご協力いただいている個人や団体などに対し、感謝状や表彰状を贈呈しています。
平素からご協力いただいている方々に府中消防署の新井署長から感謝の意を表し、表彰状などを贈呈しました。表彰された皆様、おめでとうございます。これからも消防行政にご協力の程よろしくお願いします。

はたらく消防の写生会表彰式を実施しました。

写真:表彰状贈呈
写真:音楽隊とカラーガーズの演奏

11月5日(土)、府中市立第一小学校で平成28年秋の火災予防運動の一環として、子どもたちの消防への関心を深めるため4月下旬から5月中旬にかけて実施された、「第66回はたらく消防の写生会」の表彰式を実施しました。
府中市内で17校2442名の皆さんに参加していただき、東京消防庁管内全域で約13万点の作品の中から厳正な審査の結果、府中市からは149名(優秀賞48名、入選123名)が見事選ばれました。 受賞者は、自分が描いた絵が目の前のスクリーンに映し出されると、嬉しそうにして賞状を府中消防署長(新井 進)から受け取っていました。 また、表彰式終了後は東京消防庁の音楽隊とカラーガーズ隊の演奏が行われ、受賞した子供たちを盛大に祝福しました。

胸骨圧迫を行った高校生アルバイトに感謝状贈呈式を実施しました。

写真:感謝状贈呈後の記念写真

10月27日(木)府中消防署 署長室において、胸骨圧迫を行い、急病人の命を助けた17歳の眞鍋 生(まなべ いくる)さんに感謝状を贈呈しました。
 10月7日(金)19時33分頃、府中市押立町にあるコンビニエンスストア店員の眞鍋さんは、店内にあるトイレの前で倒れている男性に、当時居合わせた当庁の職員と協力して胸骨圧迫を実施し、意識、呼吸、脈拍が回復しました。
 眞鍋さんの迅速かつ適切な行動が、男性の救命に大きく結びついたとして、新井署長から消防総監感謝状が贈呈されました。


↑このページのトップへ戻る