このページの本文へ移動

東京消防庁府中消防署インフォメーション

インフォメーション

お知らせ

消防防災マガジンの配信を開始しました!

 府中消防署では、災害情報や防火防災に関する動きなどの情報を配信する、消防防災マガジンのメール配信を開始しました。

画像:消防マガジン登録用QRコード パソコンかスマートフォンよりお申し込みができます。携帯電話ではご覧いただくことができません。
 お申し込みは、右のQRコードを読み込み、メールを送信するか、fucyu2@tfd.metro.tokyo.jpあてに、件名:「消防防災マガジン申込み」として、事業所名等及びご担当者名を記載の上、配信を希望されるメールアドレスよりお送りください。
(※ご提供いただいた個人情報は、消防防災マガジンの運営及び配信のみに使用します。上記利用目的に同意の上でお申込みいただけますようお願いします。)

イベント


火災予防コンサートin府中で消防相談・体験コーナーを実施しました。

 3月4日(日)、府中駅前のフォレストサイドビル(府中市宮町1丁目41番地の1)のフォーリス1階で「火災予防コンサートin府中」を実施しました。
 府中市を拠点とする3つの楽団の演奏会とあわせて、火災予防等に関する問いかけを行い、訪れた方の防火防災意識の高揚を図ることができました。
 合わせて、屋外で消防相談・体験コーナーの開設と、今年誕生した府中消防署シンボルマークの顔出しパネルの展示を行いました。
 大人から子供まで数多くの方が訪ね、コンサートの音色に合わせて、火災予防の啓発と府中消防署のシンボルマークを皆さんにお披露目できました。

画像:消防相談コーナー 画像:楽団との消防かけあい 画像:府中シンボルマークのフォトパネル
消防相談コーナー 楽団との消防かけあい 府中消防署シンボルマークの顔出しパネル
画像:初期消火体験 画像:消防ミニカー体験乗車 画像:はしご車体験乗車
初期消火体験 消防ミニカー体験乗車 はしご車体験乗車
画像:東芝府中吹奏楽団 画像:コスモスベーアズ 画像:NEC府中吹奏楽団
東芝府中吹奏楽団 コスモスベーアズ NEC府中吹奏楽団

1月21日(日)、府中消防ボランティア署講習を実施しました。

 平成30年1月21日(日)、府中消防署栄町出張所にて、平成29年度東京消防庁災害時支援ボランティア講習が行われました。東京消防庁災害時支援ボランティア登録者251名(府中消防ボランティア)のうち、14名が活動技術及び知識の向上を目的として訓練を実施しました。
 訓練では 、ロープを使った結索訓練や放水訓練、応急救護訓練、チェーンソーによる切断訓練を実施しました。
 また、総合訓練では、地震が発生して住民が家屋に取り残されたとの想定で、救助資機材を活用して本番さながらの救出訓練を実施しました。

画像:放水訓練 画像:応急救護訓練
放水訓練 応急救護訓練
画像:チェーンソーによる切断訓練 画像:総合訓練
チェーンソーによる切断訓練 総合訓練

 府中消防署では、災害時支援ボランティアを募集しています。
 震災が発生した際や大規模な自然災害や事故が発生した際に、地域の防災リーダーとして消防活動の支援を実施します。また、各種訓練や行事にも参加します。災害時支援ボランティアの登録にご協力ください。
 (登録方法はこちらのページからご確認ください。)
 また、災害時支援ボランティアに登録されている方は、Vメール(ボランティアメール)へのご協力をお願いします。

府中消防ボランティアが庁震災訓練に参加


画像:参集受付 画像:訓練の説明
参集受付 訓練説明
画像:要救助者搬送訓練を実施 画像:結索訓練を実施
要救助者搬送訓練 結索訓練

 平成29年11月18日(土)に東京消防庁管下全域にて平成29年度総合震災消防訓練が行われました。
 東京消防庁災害災害時支援ボランティア登録者(府中消防ボランティア)も朝日出張所へ参集し、消防団との連携訓練を実施しました。
 なお、参集訓練は、4月に実施された府中消防ボランティア会議で決定し、今回が初めての試みでした。登録者6名が参加した訓練は、大地震が発生して住民が家屋に取り残されたとの想定で、本番さながらの訓練となりました。

訓練内容
1 参集訓練  2 結索訓練  3 要救助者搬送訓練

 引き続き、災害時支援ボランティアのご登録にご協力ください。
  (登録方法はこちらのページからご確認ください。)
 また、登録されたる方は、Vメール(ボランティアメール)登録へもご協力をお願いします。


武蔵野の森公園 防災フェスタで展示をしました。

画像:消防広報ブースの風景 画像:消防車両の展示
消防広報ブース 消防車両の展示
画像:ロープ渡過の体験 画像:ロープ結索の体験
ロープ渡過の体験 ロープ結索の体験
画像:防火衣着装 画像:一斉放水
防火衣着装 一斉放水
 

 11月12日(日)、武蔵野の森公園(府中市朝日町3丁目5番地の12)で行われた「防災フェスタ」にて消防広報を実施しました。
 消防署広報ブースでは、車両展示や放水体験、ミニ防火衣着装体験、煙体験などの様々な体験コーナーを実施しました。
 なかでも、消防隊が活動時に作るロープ結索を体験したり、ロープを伝って移動する渡過などの体験コーナーを実施しており、消防隊の使うロープを実際に見るのが初めての方もいました。
 最後には、消防演習を実施しました。仮想の出場指令を受けて防火衣を素早く着装して出場し、その後ホースを2本延長して一斉放水を実施しました。
 消防隊の天に向かって高らかに放たれた放水を見て会場は、盛大に盛り上がりました。

府中刑務所文化祭で展示をしました!

画像:消防広報ブースの風景 画像:消防車両の展示
消防広報ブース 消防車両の展示
画像:初期消火体験 画像:ミニ消防車両の乗車体験
初期消火体験 ミニ消防車両の乗車体験

 11月3日(金)、府中刑務所(府中市晴見町4丁目10番地)で行われた「第42回府中刑務所文化祭」において消防広報を実施しました。
 消防車両の展示やミニ消防車の乗車体験・ミニ防火衣着装体験など子供が楽しめるコーナーや地域の防災力向上の推進のため、実際に炎を出して初期消火を体験できる「ほのお君」を使った初期消火訓練、煙体験ハウスによる避難訓練、応急救護訓練などの防災訓練も併せて実施しました。
 来場者からは、「気軽に訓練に参加することができて良かった。」との声を頂けました。
 府中刑務所文化祭は、毎年大勢の方が訪れ今回は、約14000人の来場があり、消防ブースには約4000人が来場されました。

8月5日(土)、府中消防ボランティア訓練を実施しました。

画像:府中消防ボランティア訓練を実施1
画像:府中消防ボランティア訓練を実施2

平成29年8月5日(土)、府中消防署栄町出張所裏庭において、東京消防庁災害時支援ボランティアの訓練を行いました。
 訓練内容は、スタンドパイプ取扱い訓練、放水訓練、消火器の取扱い訓練、倒壊建物からの救出訓練、搬送訓練及び応急救護訓練です。

府中消防署では現在、252名の災害時支援ボランティアの方が、地域の防災リーダーとして活動されています。今後も定期的に訓練を行っていきますので、興味のある方は、是非登録をよろしくお願いします。
⇒登録方法はこちらのページからご確認ください。

災害時支援ボランティアに登録されている方にお知らせします。
 府中消防署からのお知らせや、訓練参加の依頼等に、電子メール(ボランティアメール)を活用させていただいております。
 一度登録していただくと、消防署から災害時支援ボランティアの方への連絡事項をスムーズに受け取ることができますので、是非Vメールへの登録をよろしくお願いします。


7月28日〜30日、「第67回はたらく消防の写生会」入賞作品展を実施しました。

画像:はたらく消防の写生会作品展を実施1 画像:はたらく消防の写生会作品展を実施2
画像:はたらく消防の写生会作品展を実施3 画像:はたらく消防の写生会作品展を実施4
画像:はたらく消防の写生会作品展を実施5 画像:はたらく消防の写生会作品展を実施6

7月28日〜30日までの3日間、府中市美術館市民ギャラリーにおいて、
「第67回はらたく消防の写生会」入賞作品展を行いました。
 今年は府中市内から小・中学生計2479名が写生会に参加し、50名が優秀賞に選ばれ、入選賞に127名が選ばれた作品を三日間展示しました。
 作品展には昨年を上回る計1326名の方がお越しいただきました。
 ありがとうございます。
 選ばれた作品の前でミニ防火衣を着て、家族や友達と一緒に記念撮影し、作品が入賞したことを喜びあっていました。


朝日出張所で中学生の職場体験を実施しました。

画像:朝日出張所で中学生の職場体験を実施1 画像:朝日出張所で中学生の職場体験を実施2
画像:朝日出張所で中学生の職場体験を実施3 画像:朝日出張所で中学生の職場体験を実施4
画像:朝日出張所で中学生の職場体験を実施5 画像:朝日出張所で中学生の職場体験を実施6

 東京都で「わくわくWeek Tokyo(中学生の職場体験)」を推進しており、平成29年7月3日から7日までの5日間、府中市立第二中学校2年生の6名に対して、消防訓練や救急訓練、体力錬成など消防署の職場体験を朝日出張所で実施しました。
 この職場体験を通じて、消防業務についての理解と防火防災に関する知識について学ぶことができる貴重な経験が出来ました。


平成29年度自衛消防訓練審査会を実施しました。

画像:平成29年度自衛消防審査会を実施1 画像:平成29年度自衛消防審査会を実施2
画像:平成29年度自衛消防審査会を実施3 画像:平成29年度自衛消防審査会を実施4
画像:平成29年度自衛消防審査会を実施5 画像:平成29年度自衛消防審査会を実施6
画像:平成29年度自衛消防審査会を実施7 画像:平成29年度自衛消防審査会を実施8
画像:平成29年度自衛消防審査会を実施9 画像:平成29年度自衛消防審査会を実施10

 平成29年6月30日(金)、府中市陸上競技場で平成29年度自衛消防訓練審査会を実施しました。
 審査会では計42隊出場し、各事業所内にて火災が発生したという想定で、一連の自衛消防隊の活動技術を審査しました。
どの出場隊も士気旺盛で日頃の訓練成果を発揮し、各事業所の安全安心に繋がる素晴らしい自衛消防審査会となりました。    

  

上位表彰隊は下記の通りです。

Aグループ
(条例)
  • 1位:株式会社東芝府中事業所自衛消防隊
  • 2位:サントリー武蔵野ビール工場自衛消防隊B隊
  • 3位:サントリー武蔵野ビール工場自衛消防隊A隊
Bグループ
(警備保障関係)
  • 1位:航空自衛隊府中基地男子自衛消防隊
  • 2位:東芝セキュリティー株式会社府中事業所自衛消防隊
  • 3位:日本銀行府中分館自衛消防隊
Cグループ
(一般事業所)
  • 1位:府中市役所男子自衛消防隊
  • 2位:府中刑務所自衛消防隊
  • 3位:あおぞら銀行府中別館自衛消防隊
Dグループ
(女子隊)
  • 1位:航空自衛隊府中基地女子自衛消防隊
  • 2位:府中市役所女子自衛消防隊
  • 3位:大國魂神社自衛消防隊

表彰・交付

市内在勤の大塚 正志さんの作品が「東京消防庁防火防災標語」で優秀賞受賞!

画像:東京消防庁防火防災標語で優秀賞受賞

 府中市のサントリービール株式会社武蔵野ビール工場に勤務する大塚正志さんの考案した標語、「高めよう防災意識、備えよう災害準備」が東京消防庁防火防災標語において応募総数16,345作品中みごと優秀賞を受賞しました。


市内在学の齊木 崇充くんが「東京消防フォト甲子園」で入選!

画像:齊木 崇充君の作品 画像:東京消防フォト甲子園入選おめでとう!
 写真提供 齊木 崇充 君 

 5月31日(木)〜6月3日(日)に行われました東京国際消防防災展2018のイベントの一環として、高校生等を対象とした消防・防災をテーマとする写真コンテストが実施されました。多数の作品から上位20作品が選ばれ、市内在学の齊木君がみごと入選を果たしました。

バイスタンダー3名の方に消防総監感謝状を伝達

画像:救命活動を行なった3名の方に消防総監感謝状を伝達

2月21日(水)に、府中市内にある銀行のATMコーナーで発生した急病人に応急手当を実施し、救命した3名に佐藤消防署長から消防総監感謝状を伝達しました。
 2月15日(木)10時28分頃、銀行のATMコーナーで順番待ちをしていた男性が卒倒し、その場に居合わせたバイスタンダーの方が連携し119番通報、AED搬送、心肺蘇生を迅速且つ適切に行ったことにより、傷病者の救命に繋がりました。


車両火災で逃げ遅れを救助した方に消防総監感謝状を伝達

画像:車両火災で逃げ遅れを救助した方に消防総監感謝状を伝達

2月20日(火)府中市朝日町の駐車場で発生した車両火災において、車内に取り残された要救助者を救助したタクシー運転手に佐藤消防署長から消防総監感謝状を伝達しました。
 2月14日(水)13時28分頃、府中市朝日町3丁目にある駐車場で車両が燃えているのを走行中のタクシー運転手(イースタンモータース調布株式会社 勤務)が発見し、延焼中の車両内に逃げ遅れがいたことから、自らの危険を顧みず迅速な救助活動を実施した結果、逃げ遅れた方は一命を取りとめました。 タクシー運転手の方の勇気ある行動が要救助者の救命に繋がりました。

はたらく消防の写生会表彰式を実施しました。

画像:表彰状贈呈1 画像:表彰状贈呈2
表彰状贈呈
画像:府中武蔵国府太鼓の演奏1 画像:府中武蔵国府太鼓の演奏2
府中武蔵国府太鼓の演奏
画像:少年団による防災訓練指導1 画像:少年団による防災訓練指導2
少年団による防災訓練指導


 11月25日(土)、府中市立第一小学校で「第67回はたらく消防の写生会」の表彰式を実施しました。
 4月下旬から5月中旬にかけて実施された消防車の写生会で、府中市内から17校2479名の皆さんに参加していただき、東京消防庁管内全域で約13万点の作品の中から厳正な審査の結果、府中市からは177名(優秀賞48名、入選123名)が見事選ばれました。  受賞者は、自分の絵が目の前のスクリーンに映し出されると、嬉しそうにして賞状を府中消防署の佐藤署長から受け取っていました。
 また、表彰後、地元の「府中武蔵国府太鼓」による迫力のある演奏が行われ、受賞した子供たちを盛大に祝福しました。
 式典終了後は、校庭で出席者を対象に府中消防少年団による防災訓練指導やポンプ操法演技披露が行われ、火災予防への関心がより一層高まった表彰式を行うことができました。

火災予防業務協力者表彰式を実施しました。

画像:府中ジャズクラブによるジャズ演奏1 画像:府中ジャズクラブによるジャズ演奏2
ジャズ演奏
画像:表彰状贈呈の様子1 画像:表彰状贈呈の様子2
表彰状贈呈

 11月9日(木)、中央文化センターのひばりホール(府中市府中町2丁目25番地)において火災予防業務協力者表彰式を実施しました。この表彰式は、平素から消防行政に積極的にご協力いただいている個人や団体などに対し、感謝状や表彰状を贈呈しています。
 今年は表彰式の前に府中ジャズクラブによる迫力のあるジャズ演奏で、表彰者を盛大に祝福しました。
 その後、府中消防署の佐藤署長から感謝の意を表し、表彰状などを贈呈しました。
 表彰された皆様、おめでとうございます。これからも消防行政にご協力の程よろしくお願いします。

救急業務協力者に東京消防庁救急部長及び府中消防署長感謝状贈呈式を行いました。

    
画像:救急部長感謝状伝達の様子
画像:府中消防署長感謝状贈呈の様子1
画像:府中消防署長感謝状贈呈の様子2

 9月8日(金)、府中消防署防災教室において感謝状贈呈式を行いました。
 これは、日頃から救急行政に深いご理解をいただき、傷病者の積極的な受け入れに取り組んでいただいている医療機関や、救急業務に関する広報活動にご協力いただいている事業所、救命講習の受講や指導を積極的に推進し、応急手当の普及功労が大きい事業所や団体、個人に対し、東京消防庁救急部長感謝状及び府中消防署長感謝状を贈呈するものです。
 本年度は下記の事業所等にそれぞれ感謝状を伝達・贈呈されました。

救急部長感謝状(敬称略)
府中消防署長感謝状(敬称略)

救命講習受講優良証を贈呈しました。

画像:明星小学校に優良者証明書を贈呈
画像:さくらんぼ保育園に優良者証明書を贈呈

 平成29年9月5日(火)及び6日(水)、明星小学校とさくらんぼ保育園の方に救命講習受講優良証を贈呈しました。
 この救命講習受講優良証明は、事業所等の団体において応急手当の普及啓発に関する認識を高め、実効性のある応急救護体制づくりを組織的に推進し、救命講習受講者の増進等、成果をあげたことに対して、贈呈したものです。
 優良者証明書贈呈における基準については、救命講習等の普及活動を行っている応急手当指導員又は応急手当普及員を1名以上有し、事業所等の構成員の30パーセント以上の方が有効な救命技術を保有しているなどの条件を満たした際に贈呈します。

 なお、府中消防署では定期的に普通救命講習を行っています。
  詳しい内容や日程はこちらをクリックしてください。


↑このページのトップへ戻る