このページの本文へ移動
東京消防庁江戸川消防署>次世代につなげよう‐史跡で消防演習‐

新着情報

次世代につなげよう ‐史跡で消防演習

 

1月24日、江戸川消防署では、1月26日の文化財防火デーにあわせて、江戸川区春江町二丁目にある一之江名主屋敷で消防演習を行いました。一之江名主屋敷は江戸時代初めに新田を開いた田島家の屋敷で東京都指定史跡、江戸川区登録史跡になっています。

今回は、屋敷のかまど付近から出火し、屋敷内に史跡見学者が複数人逃げ遅れているとの想定で、同屋敷の管理人が119番通報し、地元町会の椿親和会の方々、近隣スーパーの「いなげや」の自衛消防隊が駆け付け、初期消火と避難誘導を行いました。

通報を受けた江戸川消防団や江戸川消防署の消防隊が消火活動を行い、最後は消防隊、消防団、一之江名主屋敷の放水銃による一斉放水で演習を終えました。
演習を見学に来ていた保育園児らは「わあ、すごい!」と大きな声援を送っていました。

「育てよう 歴史を守る 防火の心」を推進標語として、これからも貴重な財産である文化財を火災から守る運動を進めていきます。




一之江名主屋敷 上空から


見守る保育園児 一斉放水 上空から


↑このページのトップへ戻る