このページの本文へ移動
東京消防庁江戸川消防署>自衛消防実践講座開講

新着情報

自衛消防実践講座開講

3月7日、8日の2日間計4回、江戸川消防署防災教室において、管内の社会福祉施設等29事業所(42名)を対象に自衛消防実践講座を実施しました。
「福祉施設火災の初期対応」の映像教材DVDを視聴し、座学教養を行いました。


その後、実践的訓練に移り、緊急時に毛布を使った引きずり搬送方法、介助を必要とする搬送方法を受講者に体験してもらいました。

最後に夜間少人数で勤務している想定で、部屋を消灯し、懐中電灯1本で火災の発見から、入所者の救出、応急救護、消防隊への情報提供まで総合的な自衛消防訓練活動を実施しました。
参加者からは「実践的な訓練ができてとても勉強になりました。」との意見が聞かれました。




↑このページのトップへ戻る