このページの本文へ移動
東京消防庁江戸川消防署文化財演習

スプレー缶を捨てる時は!?


ご家庭の台所等火気のあるところで、使用済みスプレー缶のガス抜きを行い、
スプレー缶のガスに引火、やけどや火災につながる事故が発生しています。

正しい使用法、廃棄方法で事故を防ぎましょう!

江戸川区では、スプレー缶を捨てる際に

「穴あけ」する必要はありません!

                      
正しいゴミへの出し方
 @ 中身が出なくなるまで、使い切る。 

 A 缶が空になったか、確認する。中身が残っていると、「シャカシャカ」など音がする。

 B 「ガス抜きキャップ」を利用して、安全に!
    「キャップ」がない場合は、ボタンを押して完全にガスを抜く。

   ※ 火気のない風通しのよい屋外で行いましょう!

 C ゴミに出す。
    江戸川区では、他のゴミとは別の袋に入れて、「燃やせないゴミ」に出しましょう。

東京消防庁ホームページにリンクします↓
エアゾール缶の火災・事故をなくそう

 江戸川消防署のメールアドレス:edogawa3@tfd.metro.tokyo.jp
このメールアドレスは119番通報等災害時の通報には使用しないでください。メールはテキスト形式とし、添付ファイルはつけないようにお願いします。
メールでお寄せいただいたご意見等につきましては、行政上の参考にさせていただきます。内容について確認させていただく場合もございますので、
メールには氏名、住所、電話番号をご記入ください。

↑このページのトップへ戻る