このページの本文へ移動
東京消防庁田園調布消防署お知らせ

お知らせ

  

    

6月5日(水)、危険物の自主保安管理の推進及び市民生活の安全確保を目的とした消防演習を、ミヤコ自動車工業株式会社において実施しました。
 我々の社会生活に欠かせない石油類をはじめとした危険物ですが、ひとたびその取扱いを謝ると、火災又は爆発などを起こす潜在的な危険を有しています。今回の演習は、「東京湾北部を震源とした大規模な地震により、貯蔵していた危険物が流出、火災が発生した」との想定で行いました。
 平常時の火災はもとより、地震時等の突発的な場面においても対応できる自主防災体制の確立を目指して、これからも事業所と地域が一体となった防災への備えを実施していきます。

 


↑このページのトップへ戻る