このページの本文へ移動
東京消防庁田園調布消防署お知らせ

お知らせ

消防演習を実施!

 
 集合写真  演習のようす

 
 3月6日、春の火災予防運動の行事の一環として、東京急行電鉄(株)雪が谷検車区において、東京急行電鉄(株)乗務区、消防署、消防団合同の消防演習を実施しました。
 演習は、走行中の車内で乗客が所持するモバイルバッテリーが入ったバッグから煙が上がり、火災が発生したとの想定で、運転手による初期消火や119番通報の初動対応のもと、応援に駆け付けた駅乗務員などが約30名の乗客を避難・救助させました。到着した消防隊は、車両火災及び多数傷病者発生時の対応として、足場が悪い線路上で傷者の搬送を行うなど、実践的な訓練を実施しました。
 訓練に参加した駅乗務員の方からは「乗客の命を預かる立場として重要な訓練であり、消防署、消防団との合同訓練により、他機関の機動力と相互の連携を確認することが出来ました。来る東京2020オリンピック・パラリンピックに向け、電車利用者の安全・快適な運行に努めていきたい。」という強い決意が聞かれ、有意義な訓練となりました。

 


↑このページのトップへ戻る