このページの本文へ移動
東京消防庁首都東京を守る消防団>消防団の施設・装備

消防団の施設・装備

 消防団が効果的な災害活動を行うため、消防団本部や分団施設、可搬ポンプなどの資機材、防火衣などの装備を整備しています。

分団本部施設

写真:分団本部施設

 各種警戒や災害時の活動拠点となり、可搬ポンプ積載車や分団に配置された資機材等を格納します。
 平常時は、分団会議、応急救護等教育訓練の施設として各分団に1棟整備しています。

消防団本部

写真:消防団本部

 災害時には消防署隊と連携し消防団の活動を把握し指揮・統制を行うほか、平常時には、消防団の運営・管理のため幹部会議などを行います。
 特別区内の各消防署内に整備しています。

分団格納庫

写真:分団格納庫

 定員が多い分団や受持ち面積が広い分団には災害時に分団員の集結に必要なスペースを有し、可搬ポンプ、各種資機材等を格納できる施設を整備しています。

可搬ポンプ

写真:可搬ポンプ

 可搬ポンプは水を吸い上げて高所に水を上げたり、遠方へ送水する機械です。
 ポンプはB-2級消防ポンプで搬送台車に乗せてあり、ホース5本、放水用管そう2本、吸管が装備されています。
 また、各ポンプにホースが20本配置されています。

可搬ポンプ搭載車

写真:可搬ポンプ搭載車

 この車両は、消防団員が災害現場に急行したり各種の警戒や広報活動等を行うときに使用しています。
 車両には赤色灯やサイレンを装備しており、災害時には各消防団に配置してある可搬ポンプを積載し、緊急走行により現場まで急行します。

通信機器

トランシーバー

 災害時において迅速な消防団活動をするため配備され情報連絡に活用します。
 また、震災時には携帯電話の不通時にも連絡体制が確保され通信手段の重要な役割を果たし、それぞれ必要な箇所に配置されています。

投光機・発動発電機

写真:投光機・発動発電機

 災害現場や警戒場所で採光用として使用します。
 ライトはハロゲンライトを使用し、持ち運びや角度の調節が自由にできます。
 発電機部分は、重量が12kgと軽量で約2時間30分の使用が可能です。

携帯型救助器具

写真:携帯型救助器具

 交通事故の際には変形したドア屋根の支柱の切断やドアの拡張を行い負傷者の救出を行います。
 また震災時には、ブロックや自動販売機などの重量物を持ち上げたり鉄筋の切断を行います。
 東京23区の全消防団に配置されています。

各種資機材

写真:各種資機材

 これらの資機材は、主に震災時に機械が使えないような場所で、破壊作業が必要な時に使用します。

担架など

写真:担架など

 傷病者を移動させるための担架や手当をするための救急カバン、傷病者を保護するための毛布を各分団ごとに備えています。